« また複素数平面・・・ | トップページ | 4件はしご »

2008.12.26

まだあった襖クラブ

Cosが学生のころ「東大生のアルバイト」と言う話題があったときに知った東大の襖クラブ。

asahi.com(朝日新聞社):東京大「襖クラブ」 苦学生の技、半世紀伝承 - 究める - 大学 - 教育.

 日本家屋で部屋や押し入れを仕切る「ふすま」。その出張張り替えを請け負うサークルが、東京大学にある。かなり珍しいサークルだが、歴史は50年以上。戦後、大学が「苦学生の生活費稼ぎに」とつくったのが始まりらしい。

(中略)

 初代の部員が、大学近くの表具師に弟子入りして学んだ技を、代々受け継いできた。毎年数人の新入生が入り、「一人前」になれるのは、だいたい1年後という。

学校が作ったクラブだったとは驚いたけれど、50年以上前なら東大でも苦学生が多かったんだろうなぁ・・・

Cosが学生のころでさえ、塾や家庭教師をすれば金銭的にはかなり潤ったのだからいまさらわざわざ襖の張替えでアルバイトしなくても十分だろう。

それにしてもCosも入門してやり方を教えてもらいたかったなぁ・・・って、その前に東大に入らないとだめか・・・_| ̄|●

|

« また複素数平面・・・ | トップページ | 4件はしご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/43532728

この記事へのトラックバック一覧です: まだあった襖クラブ:

« また複素数平面・・・ | トップページ | 4件はしご »