« クレーの音楽 | トップページ | 卒業を厳しく »

2008.12.24

数独も数学の授業で?

数学基礎をやらないのと同じように数学活用もCosが教えることはないけれど、「お楽しみ」で使っている数独が「数学活用」の授業で扱うのだそうだ。

数独は数字こそ使っているけれど、数学とは無縁の論理思考だけだと思うのだが・・・
どこが数学なんだろう?

実際には数学の力はつかないけれど、論理的な思考を要求するからとてもいいと思ってはいるけれど、クロスワードパズルと同じレベルだと思うのだがなぁ・・・

(クロスワードパズルのほうが国語力を要求するからいいかも)


特集:高校・新学習指導要領案 学力向上「じっくり」 義務教育内容を復習 - 毎日jp(毎日新聞).

 ■数学

 「数学基礎」を発展させる形で「数学活用」を新設する。数学への興味や関心を高めるのが狙い。イベント会場の来訪者の移動をシミュレーションするなど、身近な事象についてグラフや表を用いた考察を重視。「数独」のようなパズルやゲームを通して、数学の楽しさも伝える。

 データ活用力向上のため、新たに必修となる「数学1」の中に統計に関する内容を盛り込む。「数学1」と「数学A」では、知識や技能を活用する力を育成するため新たに「課題学習」を位置づける。あるデータの分析結果を使った討論などを想定している。

 指導内容では「複素数の図表示」(数学3)、「ド・モアブルの定理」(同)などが復活する。

データ活用力向上・・・・指導できるのかなぁ
「課題学習」・・・・できないだろうなぁ
年齢だけじゃなくこういうことが出来る若い教員もいないような気がするけれど・・・

複素数が数IIIに入るということは理系必修と言うこと。
それはそれで面白いけれど・・・

新しい学習指導要領 「生きる力」-文部科学省はこちら。PDFばかりなのでみにくいけど。

|

« クレーの音楽 | トップページ | 卒業を厳しく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/43512527

この記事へのトラックバック一覧です: 数独も数学の授業で?:

« クレーの音楽 | トップページ | 卒業を厳しく »