« なぜ考えられるのか、動けるのか | トップページ | 睡魔との闘い »

2008.11.30

苦渋の選択・・・喫煙指導

いま、Cosがいるところのように「喫煙したら定額」とあっさり指導できるところはまだ恵まれている。

喫煙を厳しく取り締まっているけれど、隠れてこっそり数個とがないわけではないだろうと思うけれど、手を焼いているほどではないし火事を起こしたりはしていないのだから。

高校生徒寮に喫煙室、愛知県警が条例違反容疑で捜索 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 愛知県新城(しんしろ)市の私立黄柳野(つげの)高校(辻田一成校長)で、生徒寮に喫煙場所が設けられていたことがわかった。 Click here to find out more!

 県警は29日、県青少年保護育成条例違反容疑(喫煙場所の提供)で同校などを捜索し、寮から灰皿などを押収した。県警は今後、辻田校長らから事情を聞き、容疑が固まり次第、書類送検する方針。

 同校によると、喫煙場所があったのは男子寮の空き部屋計4室。隠れて喫煙する生徒が後を絶たず、昨年1月には女子寮トイレでたばこの火が原因と見られるボヤが起きたため、同年4月、この4部屋を「禁煙指導室」と名付けて、喫煙場所としていたという。

 同校は、不登校などの生徒を支援する全寮制の高校で、1995年に開校。現在、約230人の生徒が在籍している。

「だめ」と言う指導をすることでどうにかなるのだったらとっくにやっているような気がするのはCosだけだろうか。

闇雲に禁止してもいい結果が出ないから・・・と言う苦渋の選択ではなかったのだろうか。

この学校にやってくる生徒の中には生活を1からやり直す必要のある生徒もいるだろう。

Cosの尊敬する先生はかつて喫煙で処分を受けている自分のクラスの生徒と(一応)指導する際に
「吸うか?」と言ってタバコを差し出すのだと聞いた。

Cosにはとてもそのまねは出来ないけれど、その心持は理解できるような気がする。

粘り強く説得していくことも大切なのだけど、生徒がそれを受け入れるかどうかは分からない。

単にCosがそういうやんちゃ坊主、やんちゃお嬢さんが好きなだけかもしれないけど。

|

« なぜ考えられるのか、動けるのか | トップページ | 睡魔との闘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/43278840

この記事へのトラックバック一覧です: 苦渋の選択・・・喫煙指導:

» 高校生徒寮に喫煙室あったっていいじゃん [たなぼた]
愛知県の私立高校で、生徒寮に喫煙場所が設けられていたことがわかって大騒ぎ。 愛知 [続きを読む]

受信: 2008.12.01 17:52

« なぜ考えられるのか、動けるのか | トップページ | 睡魔との闘い »