« 今日はこんなところ | トップページ | 2001年こすもすこす »

2008.10.13

ノーベル効果

ノーベル賞を日本の科学者が受賞するということは受賞なさった方々の研究に貢献するのではなく、同じ道を歩もうとしている人々に貢献するのかもしれないなぁ・・・

素粒子実験施設、文科省が整備前倒しへ…ノーベル賞受け : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 ノーベル物理学賞を日本人3人が独占した快挙を受け、文部科学省は高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)が計画中の大強度陽子加速器施設(J―PARC)の運用を1年程度早める方針を固めた。

あちらこちらで研究費が削られている昨今、ノーベル賞を受賞した目立つ分野だけでなくすべての自然科学に予算を増やしてくれるといいのだが、日本という国(に限らないんだろうけれど)は「これから」ではなく「実績」あるいは「金になる結果」で評価するからなぁ・・・


|

« 今日はこんなところ | トップページ | 2001年こすもすこす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/42772530

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル効果:

« 今日はこんなところ | トップページ | 2001年こすもすこす »