« 北極海の海氷量が減った | トップページ | 種の生存 »

2008.10.06

最短経路の問題

「巡回セールスマンの問題」という問題が数学のグラフ理論のところで出てくる。
最も効率のいい巡回の仕方を考えるものなのだが・・・

「迷路の近道、菌でも探せる」中垣氏らにイグ・ノーベル賞 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 ノーベル賞をもじって、ユーモアあふれる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が2日、米ハーバード大で行われ、単細胞生物の真正粘菌が迷路の最短経路を見つけることを発見した中垣俊之・北海道大准教授ら6人に、今年の「認知科学賞」が贈られた。AP通信が伝えた。


 中垣准教授らは、真正粘菌が迷路全体に広がった後、エサを迷路の入り口と出口に与える実験を行った。粘菌は、最短経路以外に広がっていた部分を次第に縮小し、最後は1本の管状になって両端でエサを食べる最も効率的な形になった。


「ロバの前に、全く同じ二つのエサを、全く等しい距離、に置いたら、ロバはどちらのエサに向かうのが得か、と言う判断が出来ずに餓死するであろう」というブリダンのロバ右と左のどっちにするのか悩んで飢え死にしてしまうことが出来るのはのはロバ以上の生物だけなのかもしれない・・・
∥xx;∥☆\(--メ)

|

« 北極海の海氷量が減った | トップページ | 種の生存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/42706498

この記事へのトラックバック一覧です: 最短経路の問題:

« 北極海の海氷量が減った | トップページ | 種の生存 »