« 注意書きは読まなくていいの? | トップページ | ピラネージ版画展 »

2008.10.04

自腹切った?

教材を手に入れるためにCosも自腹を切っているけれど、そんなことも調べないと分からなかったのか・・・

時事ドットコム:理科教師の75%「自腹切った」=実験用備品が不足−公立中調査・教育政策研など.

 公立中学校の理科教師の75%が実験、観察の教材を自費負担した経験があることが、科学技術振興機構と国立教育政策研究所の調査で分かった。6割強の教師が各学級で週1回以上、実験などを行う一方、多くは「設備、備品が不足している」と訴えている。

Cosのところは私学だから公立よりは恵まれている部分もあるんだろうし、建前では必要なものがあれば教科のものなら教科で買ってもらえることになっている。

ま、あくまで建前で、Cosだけが使うようなもの・・・たとえばプロジェクタなんて買ってもらえないし、自分の授業だけで何か教材を用意しようとすれば間違いなく自腹。

買ってもらえるものならかって欲しいけれど、黒板で使う1mの定規でさえ、なかなか買ってもらえないらしい(Cosは使わないのでなくてもこまらないんだけど・・・)。

理科に比べれば自腹を切るというほどの自腹は切ってないんだろうな。

それにしても実験・・・・どんな子どもがいるのかを考えたら理科の先生は大変だ・・・

|

« 注意書きは読まなくていいの? | トップページ | ピラネージ版画展 »

コメント

やっぱりたいへんなんですね。どれもたいへんなのに、理科の教材なんて・・ガラス器は壊れるし、薬品も他の小物も、次々無くなるのに。
いったい、どれほど高いものだか・・恐ろしい。
理数科のある高校が どれほどありがたかったか・・・。今になってやっと実感しました。

理数科には理数科の悲しみが(クラス替えが3年間ない/水泳が3年間ない/体育週2時間/国語週2時間/女子が少ない・合唱祭最下位になりやすいetcetc.)。けれど、
SPPは理科4科目から選び放題! いずれも科目別に人数を絞って。かかるのは実費のみ。
薬品、器具も豊富にありました。
でも、夏休み中かかって 大会発表用の実験指導をしてくださった先生の努力は、
やっぱりご家族の犠牲あっての“自腹”です。
賞を頂けて喜ぶ子供たちの陰で、
先生のお子様やご家族にも 幸あれと祈らずにはいられません。理科・数学の先生方、本当に感謝です。。。

投稿: ありがとう理数科の先生方 | 2008.10.09 21:40

大変なのは理数科の教員に限らないと思うけれど、学校というところは仕事のきつい教員のところに仕事が集まるシステムでもあるんじゃないか・・・

暇そうになさっている方もいらっしゃるし・・・∥>_<∥

投稿: Cos | 2008.10.11 19:33

公務全般も同じです。
仕事の出来に むらがあまりにも多くて、
年取ってもその差は是正されず…移動先でも同じミス繰り返し。ごね得、と同じ言い方をするなら
「できない得」のような 困った構造があります。
(よく出来る人を名指しで連携しないと、誰もが 時間とエネルギーをロスするので、
少数のよくできる人の所に 小さな事・重要な事・デリケートな事が 集中していく…。
ノブレス・オブリージュ、とは言え…。その差は開く一方です。

投稿: 葡萄畑の働きびと | 2008.10.12 12:32

いずこも同じなのかもしれませんね。

投稿: Cos | 2008.10.13 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/42684101

この記事へのトラックバック一覧です: 自腹切った?:

« 注意書きは読まなくていいの? | トップページ | ピラネージ版画展 »