« ピラネージ版画展 | トップページ | 最短経路の問題 »

2008.10.05

北極海の海氷量が減った

一つ一つの出来事は珍しいことではなく、自然界には時として起こりうることだったり、誌上2番目だったりするけれど、人間の行為が原因かどうかにかかわりなく、地球の温度が上がってきていて、それに伴っていろいろなことが変わりつつあるのは確かだろう。

CO2が増えてきたからかどうかは問題ではなくて、この温度が上昇しているという状況が問題のはずなんだけど・・・

その対応策のひとつとして人間に出来るのがCO2の排出を減らすことというだけのこと。
もしかしたら、人間ごときではどうにもならないのかもしれない。

時事ドットコム:北極海の海氷量、過去最小か=衛星観測で9月半ばに記録.

 北極海の海氷面積が今年9月半ば、衛星観測が始まった1979年以来、2番目に小さくなってから、秋の始まりとともに増加に転じたことが、日米欧の研究機関の観測で確認された。米コロラド大によると、数年かけて形成された分厚い多年氷が減り、薄い1年氷が増えたため、体積では観測史上最小だった可能性があるという。

|

« ピラネージ版画展 | トップページ | 最短経路の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/42691880

この記事へのトラックバック一覧です: 北極海の海氷量が減った:

« ピラネージ版画展 | トップページ | 最短経路の問題 »