« 何のための学力テスト? | トップページ | 当然だろうな »

2008.09.28

光と斜線・・・ライオネル・ファイニンガー

どこで見たチラシだったかもう覚えてないけれど、見た瞬間に「行こう」と思ったのが横須賀美術館のライオネル・ファイニンガー展

横須賀美術館は観音崎公園に隣接して建てられているので夏の間は行くのを我慢していたのだが、9月には行ったらやっぱり忙しくてなかなかいけずにいた。

横須賀美術館 「ライオネル・ファイニンガー」展より

「ライオネル・ファイニンガー」展 ―光の結晶

ドイツ系移民の子としてニューヨークに生まれたライオネル・ファイニンガー(1871-1956)は、音楽を学ぶためドイツに渡りますが、すぐに画家を志し美術を学び始めます。雑誌の挿絵や風刺画を描いた後、油彩を描き正統派画家として評価を得ると、1919年に造形学校「バウハウス」の設立に参加し1932年まで教授をつとめました。しかし、ナチスが政権を取ると「退廃芸術家」と見なされ、1937年ドイツを離れニューヨークに戻りました。
1910年頃のファイニンガーは、鮮やかな色彩を用い表現主義を思わせる作品を描いていましたが、キュビスムの影響を受けた後1920年代には幾何学的に分割した面に色を段階的に重ねることで光を透過するガラスのような硬質さと透明性をもつ作風へと移行しました。教会の塔や海辺に停泊する船、海浜の廃墟などドイツ・ロマン主義の画家達が好んだモティーフを近代的な造形理論に基づき描いた作品は、伝統的な絵画と前衛美術をつなぐものとして独自の位置を占めています。


彼の描いた斜線を中心に描かれた建物が圧倒的な存在感と意思を持っているかのように見える。

縦横にではなく、作品によってはすべての線が画面に対して斜線になっていたりする。
その斜線が絵の方向を決めているのだ。

見ているうちに、人間の存在など小さなもので、建築物が、海が、霧がそれぞれの意思を持っている世界にいるような気がしてくる。

さらに不思議なのは絵自体はそんなに大きくないのに、すぐそばで見るのではなく、2,3m離れてみたほうがずっといいのだ。


特にそういう感じが強かったのが横浜美術館のページにある「海辺の廃墟」。

距離を置いてみることで建物の光が命をもっているかのようにも見えてくる。
光が当たって入射角と反射角を守りながら跳ね返ってきている感じ・・・とでもいうのだろうか。

美術展に出品された絵のポスターではないけれど、PosterShopでも絵の感じは見ることが出来る。
ただし、印刷されたものにはこの不思議さがあまり感じられない。
やっぱり直接見ないとだめなんだろうなぁ・・・


Image026

横須賀美術館の入り口。
今までは館内の写真撮影は一切禁止だったけれど、ここからの写真は取ることが出来るようになった。
カメラを持っていかなかったので、携帯から取った写真だから今ひとつなのが残念。
まさか写真がOKになっているとは思っていなかったもので・・・

真っ白な壁と丸く開いた窓。この向こう側の芝生の先は海。
正面の渡り廊下の下は地下の常設展示室になっている。
建物自体が本当に美しい。

Cos一人じゃ絵にならないのが残念だが・・・
∥xx;∥☆\(--メ)

|

« 何のための学力テスト? | トップページ | 当然だろうな »

コメント

こんばんは。開催期間ぎりぎりまで、私も狙っています。
これだけは諦めたくありません、ファイニンガーは…!
構図の完成度の高さと 透明な光のような表現。ガラスと水の気配がする薄緑色。私もまだ図版だけながら、最初の一瞬からすでに心掴まれてしまっています。
…Cosさんもなんですか?
奇遇ですね!

投稿: glide | 2008.09.28 23:20

ただ、横須賀美術館は遠いんですよね。
距離があっても駅から近ければそんなに大変じゃないけど・・・

それもあって海の混みそうな夏の時期は避けたのですが、もっと早く行っておけばよかったとちょっと後悔しています。

glideさんもこういう絵がお好きですか?

まだ行ってないのでなんともいえないけれど川村記念美術館の「モーリス・ルイス 秘密の色層」もよさそうだなと思っています。

川村は好きなんだけど・・・やっぱり遠いです。

投稿: Cos | 2008.09.29 06:47

はい、バウハウスはみんな肌が合うたちで・笑
モーリス・ルイスもぜったいに狙っています。受験生の子供がいるというのに遠隔地に足を伸ばしたがっている私・笑

子供は理数科時代の友とFax.で数式を送受しあっています。
D君のコメント曰く:「sinθ-cosθ から合成するのは誰でもできるけど、
そこから内積をみるのは誰でもできるというわけではないので身につけておくように。類題・・・」 理数科の友情、ありがたいです。

投稿: glide | 2008.09.30 00:06

本当に遠いですよねぇ・・・川村。

でも水戸でも時々いいものをやっているのですが、さすがにCosもいく勇気が出てきません∥^O^∥

息子さん、一緒に勉強する友達がいてよかったですね。
どんな生徒さんか目に浮かぶようです。
これからも伸びていってくれますように。

投稿: Cos | 2008.09.30 20:03

今、観音崎に向けて出発しました。もう今日しかないので覚悟を決めて、他のご用を投げて行きますとも!
バスが観音崎~15分とありますね。しばしば来るかな? うちから電車だけで2時間。
でも、これに行かれたら 遠出の自信が付いて、川村にもチャレンジできる!

投稿: 楡 | 2008.10.03 10:17

今日は天気もよかったら海もきれいだったでしょうねぇ

いかがでしたか?

Cosが行くときにはいつも道が少しはすいているだろうからと雨や曇りの日が多いのでちょっと羨ましいです.

投稿: Cos | 2008.10.03 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/42616238

この記事へのトラックバック一覧です: 光と斜線・・・ライオネル・ファイニンガー:

« 何のための学力テスト? | トップページ | 当然だろうな »