« 夏の終わりの天徳寺 | トップページ | けとばし山のおてんば »

2008.09.09

二学期

やっぱり学校が始まると忙しい。

本当はそんなに忙しいわけではないのだけれど、どうにも気ぜわしかったり、帰りが遅かったりで「精神的な余裕がない」というほうが正しいのかもしれない。

余裕がないからこそ遊びに行きたくてうずうずしていたり、実際に遊びほうけたりでますます余裕がなくなっているのかもしれない。

あと少しがんばれば、仕事も楽になるはずなんだけど・・・・

Img_9753
(天徳寺の原っぱ)

|

« 夏の終わりの天徳寺 | トップページ | けとばし山のおてんば »

コメント

Cos.さん:
こんにちは。初めてここに来ました。
Cos.さん、多才な方なんですね。数学のプロなんて~。尊敬!その理知的な頭脳を、わずかでも分けて頂けたら…と、切に願う数学音痴の私でした。。。

投稿: glide | 2008.09.13 22:21

ありがとうございます。
実際には「多才」じゃなくて、気が多いだけです∥^O^∥

数学はいろいろな学問の中で一番きれいなので、この道に進みました\∥^O^∥/
きれいなものが好きというだけで・・・・

投稿: Cos | 2008.09.14 08:39

Cosさん:
“きれいですね。”って、よく昔、数学の先生が 黒板に書き上がった数式を見て 一人で感嘆の声を上げておられました。
数学音痴の私は 論理の筋道を辿ることがやっとで、
とても 安心して感嘆するレベルまで届かず。いつも残念に思っていたのです。奇しくもここで Cosさんから同じ:
“数学はきれいなので”と 聞いて驚きです。
エッシャー展 行きました。数学がわかりすぎて本人(だけ)がつらい、ということはないのだろうか… と 少し心配になったり(笑)。できない私の杞憂。

投稿: glide | 2008.09.14 23:20

式のきれいさって難しいですよね。
でもこれも一応数学です・・・
http://cos.cocolog-nifty.com/cosmos/files/20080820.html

エッシャーにインスパイアされて・・・


投稿: Cos | 2008.09.14 23:44

わあきれい。回りながら羽ばたくみたいに見えますね。幾何形態を回転させる…、数値入力? 大昔、課題で素朴なの回しました…化石時代のPCで(笑)
実は 一人で育てました長男が 無事、理系に育ってくれて… いま U高(S県近代美術館近)にいます。バイオも工芸も好き、根は理数科(ここに引越して来る前は理数科。理科も四科目やりました!)…

投稿: glide | 2008.09.15 15:24

Cosもスタートは化石時代のPCですから∥^O^∥
そのころはあんまり図形をやらなかったような気がします。

息子さん、しっかり育ってくれているようでいいですねぇ・・・

二人で育てても難しいのに・・・

理系好きの息子さん、いいですねぇ・・・
自然の美しさ、数学の美しさと工芸の美しさって共通するものがあるように思いませんか?

投稿: Cos | 2008.09.15 16:03

工芸の“用の美”と理数分野。確かにそうですね。構造に根拠があり 一個人の気まぐれより 何かずっと大きな存在の介在、
偉大な普遍性の一部のような…。誠実な謎部分が魅力ですね。
…数学専門の方から見てもそう見えるなんて。感動します^^
…血縁と疎遠のまま 子育て、その上 周囲にも誰も理系がおりません。(理系にトラウマのある私一人/笑)
母子では就職不利…と密かに憂慮した私から 長男の高校入学の際、理数科を勧めました。それまでは英語傾向の子で…英語のみではバンバン留学できる社会階層に勝てない、と思い…(笑)
幸い 願い通り 理数科担任の数学の先生は一番懇切丁寧、ひたむきな方で、字/図も精緻。しかも優しい先生でした。今も感謝しています。長男もU高で良い成績を頂けると、理数科時代の この数学の先生にご報告していますね。化学/生物も SPP、IBO等 課外授業にも数々恵まれました。
…理科数学の先生は本当に 日本の将来を握る方たち!感謝です。
大いなる自然の創造主に祈らなくては^^

投稿: glide | 2008.09.15 18:36

自然は本来美しいし、科学はそれを追及しているのだからやっぱり美しいのかも。

今は英語だけが出来ても行き詰ってしまうので、「英語も出来る」方がずっといいような気がします。
その点では息子さんの選択は正しいと思います。
将来が楽しみですね。

投稿: Cos | 2008.09.15 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/42429877

この記事へのトラックバック一覧です: 二学期:

« 夏の終わりの天徳寺 | トップページ | けとばし山のおてんば »