« タバコはキセルで? | トップページ | ザウリの白を見つめる »

2008.07.12

しんくやくしょ モノレール

しんくやくしょ都市のモノレールやいろいろな乗り物たち。

擬人化された乗り物たちがいる新しい都市を想像して当時小学生3年生だったの柊君が描いている。(今は4年生なんだろうな)

確かに子どもの絵だけれど、この前見てきたエミリー・ウングワレーの絵がアボリジニの描いた絵というのと同じような意味での子どもの絵。

アボリジニの誰もがウングワレーでないのと同じように彼の絵は彼でなければ描けない。

パネルになっているのはキッドピックスというコンピュータソフトを使って描かれた絵だから、解像度が低くてぎざぎざが出てしまったりしているけれど、そのデザインと色使いが面白い。

いや、パネルになっているモノレールたちよりもガラスケースに入れて展示してある彼の絵日記の絵のほうが何倍もいい。

一番最初は筆圧も弱く丸もかけなかったのからスタートしてきっちりと彼なりの見方をして描かれた毎日の絵日記の絵は確かに子どもの絵なんだろうけれど、そのセンス、色使いがとても優れている。

彼がこの独自の世界をそのまま育てて大人になったら、どんなものを描くんだろう・・・
(今のままでももちろんいいんだけど・・・こどもは成長するからなぁ)

これだけのものが描けるようになったのはもちろん彼の才能があってこそだけど、それを育てたのはお母さん(お父さんは?)。

とてもCosにはまねが出来そうもない。

TALKEN(とーくん)日記~高機能自閉症の絵日記による療育記録~ : 千代田区役所で3回目の個展、「しんくやくしょモノレール」展を開催します! - livedoor Blog(ブログ).

開催日:7/8(火)~21(月)(7/10休)

開催場所:千代田区役所 一階区民ホール 

千代田区九段南1-2-1電話03-3264-2111代表

もう一度書いておこう。

エミリー・ウングワレーはアボリジニがこういう絵を書くからすごいのではない。
エミリーの描く絵がすばらしいのだ。
彼女がアボリジニであるのは彼女の絵の背景にはなるけれど、アボリジニだからすばらしいということではないのだ。

柊君がどういう少年であれ、彼の描く絵が面白いのだ。

|

« タバコはキセルで? | トップページ | ザウリの白を見つめる »

コメント

こすもすさん、こんにちは
TALKENの母です。
展示をごらん頂き、またこのようなすばらしい記事をかいていただきましてありがとうございます。
なにをやってもできなかったTALKENがここまでできるようになったのは、(私1人ががんばっているようにも見えるかもしれませんが)周りの皆さんの本当に惜しみない労力の提供と〔すぐ私が助けを求めるので皆さんに申し訳ないのですが・・〕、なにをやっても許してくれる主人のおかげです。絵日記は土日は主人がみてくれていますし、朝会社に行く前に毎日15分間くらい、TALKENに音読をさせて、その意味をいっしょに考えてみるというのを根気強くやってくれています。
こすもすさんのように、TALKENの絵日記や絵をしっかりと見てくださる方がいらっしゃるということは本当にうれしいことです。これからもどうぞTALKENの応援をよろしくおねがいいたします!

投稿: tkchan1 | 2008.07.14 00:03

コメントありがとうございます。
そうですよね。お母さんだけでなくお父さんも一緒に力をあわせてTALKEN君(君をつけたら変かな?)の才能を伸ばしていらしたのですよね。

絵日記に書かれたコメントがお母さんの手によるものだから「お母さんが」と見えたのかもしれませんが、毎日の努力がしっかりと才能を伸ばしていく姿が見えていました。

これから彼がどんどん成長する中で、絵がどんな風に進化していくのかをとても楽しみにしてます。

またチャンスがあれば拝見できることを楽しみにm∥_ _∥m

投稿: Cos | 2008.07.14 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41816171

この記事へのトラックバック一覧です: しんくやくしょ モノレール:

« タバコはキセルで? | トップページ | ザウリの白を見つめる »