« 先生になりたかった | トップページ | 副都心線の開通で消えるもの »

2008.06.12

ストラヴィンスキーみたいなモーツアルト

今日は母のお供で、オペラシティで東京フィルのコンサート。

ストラヴィンスキーの「プルチネルラ」
モーツアルトの「ピアノと木管のための五重奏曲変ホ長調K.452」
再びストラヴィンスキーの「春の祭典」

この2つのストラヴィンスキーの間に演奏されたモーツアルトがすごく面白かった。
曲は確かにモーツアルトなんだけど、その演奏はモーツアルトの曲とはとても思えないような感じ。
最初のプルチネルラとのバランスがすごくいいけれど、モーツアルトらしい流れるような感じがほとんどしない。
こういうひき方も出来るものなんだなぁ・・・

春の祭典も楽しかったし・・・・

明日が休みだともっとよかったのになぁ・・・
∥xx;∥☆\(--メ)


|

« 先生になりたかった | トップページ | 副都心線の開通で消えるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41514273

この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキーみたいなモーツアルト:

« 先生になりたかった | トップページ | 副都心線の開通で消えるもの »