« 西洋版画の世界 | トップページ | 若さの主張? »

2008.05.11

海は不思議に満ちて

つい先日、中村征夫写真展を見てきたからかもしれないけれど、

asahi.com: 私は「クエ」ではありません 大阪・海遊館で悠々自適 - サイエンス.

 「珍しい生きた状態を見てもらいたい」と同館。生態は解明されておらず、飼育は難しいという。展示期間を尋ねると「アブラボウズにもしものことがあるまで」。

こうやって見ると自分たちが食べている魚ですら分かってないことがたくさんあるというのは何だか不思議な気がする。
(アブラボウズは油が強くて食べ過ぎると下痢をするらしい。似た名前のアブラボウはワックス系の脂だとかで食用不可になっているそうだ)

人間が気軽に入ることの出来ない海の中ではいろいろなことが起こっているんだろうなぁ・・・人間が知っているのはそのごく一部。
すぐそばなのに・・・

|

« 西洋版画の世界 | トップページ | 若さの主張? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41174176

この記事へのトラックバック一覧です: 海は不思議に満ちて:

« 西洋版画の世界 | トップページ | 若さの主張? »