« 身動きする地球 | トップページ | 空はひとつ »

2008.05.21

情報コミュニケーション技術ねぇ・・・

欲しい結果を引き出したという感じがしないでもないのだが・・・

98%が学力向上を実感--ICT教育推進プログラム協議会が授業でのICT活用効果を発表:ニュース - ZDNet Japan.

 ICT教育推進プログラム協議会は5月21日、ICT(Information Communication Technology、情報コミュニケーション技術)を活用した授業が学力に与える影響について分析した結果を発表した。

(中略)

 清水氏によると、97.5%の教員がICTを活用した結果、生徒の学力が上がったことを実感しており、98%の教員がICTで生徒の関心や意欲が高まったと回答している。また、教員が中心となってICTを活用する方が、生徒中心で活用するより教育効果が高く、授業の中では特に導入場面においてICT活用の効果が高かったという。

 NIMEでは、マイクロソフトと共同で、ICTを活用した学校教育の実証研究「NEXTプロジェクト」を推進しているが、このプロジェクトの下、和歌山市が市内の小学校52校で合計1300台のタブレットPCを導入している。

残念ながらタブレットPCを使うと驚異的に効果があるというのは出てこなくて、使う人間は教員中心で授業の導入に効果があるということだから、必ずしも子どもたちがPCを使ってというわけではなさそうだが・・・

それにしてもこの記事を読んだら、ICTを活用すれば子どもたちの学力が上がり、意欲が高まるように見えるけれど、ここで「どういう教員が」ということをよく考えないといけないのだ。

たとえば、Cosの場合でいえば、GRAPESを使った授業などは必ずしも成績に反映されるわけではないけれど、そそれでも生徒の学習意欲、関心が高くなるのははっきりと分かる。

少なくともそういう授業をしなければ確実に「わからない」といわれる部分の多くが質問すら出てこなくなる。こちらが期待するほど深く理解したわけではなくても、考え方をそれなりに理解できているから授業としては確かに効果があったと思う。

が、その一方でその準備にかける時間を考えると、これで効果が出なかったらおかしいほど。

それほどの努力をして授業を組み立てている人たちの感想なのだ。
そういう授業と普通の授業を比較すること自体が間違いだし、出来合いの教材を作って、誰でも画できるようになったときに始めて他の授業との比較が可能なんじゃないかと思うだが・・・


他の方法だってこれだけの時間をかけて準備すれば、それなりの成果が出るんじゃないかなぁ??


|

« 身動きする地球 | トップページ | 空はひとつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41280944

この記事へのトラックバック一覧です: 情報コミュニケーション技術ねぇ・・・:

« 身動きする地球 | トップページ | 空はひとつ »