« 地震の怖さ | トップページ | ミャンマーの犠牲者 »

2008.05.15

生きていてよかった?

ミャンマーのサイクロン、中国の地震・・・国情が違うのだから同列に考えることはもちろん出来ないけれど、どちらの被害者もどれほど大変な生活を余儀なくされていることかと思うと心が痛む。

中国の地震のおかげでサイクロンの記事は影を潜めてしまったような観があるけれど、実際のところはこっちのほうが本当に困っている人も多いし、2次災害が起こる可能性も高いように思う。

中国の被災地から徒歩で逃げてきた女性が一杯の暖かいおかゆをもらって「生きていてよかった」と感じたという記事を読んで、そう感じるのは死に直面した時、大きな感動を得たときなのかもしれないと改めて思った。

他の人が「生きていてよかった」というのを聞いたことはほとんどないし、Cosがそう感じたこともまだない。
よく自殺をしようとしている人に「生きていればいいこともあるから」と言葉をかけるけれど、Cosはその言葉にずっと疑問を感じている。
いいことがあるかどうかだけが人生を左右するわけじゃないと思うし、いいことがあればそれでいいのかとも思う。
何かをやろうとして生きているのではなく、いいことがあるかもしれないから生きているなんていうのはすごくむなしい気がする。

が、死を前にした時にはこの女性のように感じるのかもしれない。

大きな感動を受け取ったときにはそう感じるのかもしれない。

なんといってもCosは死を目の前にしたこともなければ、大きな感動を受け取ったこともないからなぁ・・・

|

« 地震の怖さ | トップページ | ミャンマーの犠牲者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41218724

この記事へのトラックバック一覧です: 生きていてよかった?:

« 地震の怖さ | トップページ | ミャンマーの犠牲者 »