« 薄くなる氷 | トップページ | 生きていてよかった? »

2008.05.12

地震の怖さ

つくづく学校は安全な建物でなければいけないと感じた。

中国地震:学校倒壊、900人生き埋め 必死の叫び響く - 毎日jp(毎日新聞).

 新華社通信(電子版)によると地震発生当時、3階建ての校舎では中学2、3年の計18クラスが授業中だった。現場ではクレーン車5台でがれきを除きながら生徒らの救出作業を続け、数十人を助け出したが、4人の死亡が確認された。

実際には誰が生き埋めになってもいいことでは決してないけれど、子どもが生き埋めになるというのは考えるだけでもつらい。

学校だからこそこんなにたくさんの子どもが生き埋めになってしまったというのが何よりもつらい。

どんな地震が来ても安全と言い切れる建物はないけれど、子どもたちが行くところは出来る限り安全な建物であって欲しい。

まだ安全が確認できていない地方もあるという。
地震は人事じゃないだけに心配・・・

|

« 薄くなる氷 | トップページ | 生きていてよかった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41187547

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の怖さ:

« 薄くなる氷 | トップページ | 生きていてよかった? »