« 異国へのあこがれ:ジャポニズム | トップページ | 点数さえ取れればいい? »

2008.04.18

ブラックホールの軌道

大きなブラックホールの周りを小さなブラックホールが回っている。

宇宙最大級のブラックホール発見 太陽の180億倍の質量.

 太陽の180億倍もの質量をもつ「超巨大ブラックホール」を、日本や欧州などのグループが発見した。宇宙で最大級のブラックホールとみられ、自分より小さな別のブラックホールを子分のように従えている。17日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

 このブラックホールは地球から約35億光年離れた場所にある。約12年周期で急激に明るくなる奇妙な天体「OJ287」として知られていた。

大きなブラックホールは太陽の180億倍、小さなブラックホールは太陽の約1億倍の質量なのだそうだ。180:1だと星の大きさのレベルとしての質量としての大きさの違いはたいしたことがないような気がするのだが・・・(太陽は地球の質量の約333,000倍、桁が3桁違うのだ)

小さなブラックホールが大きなブラックホールに近づいたとき、周囲のガスが発行するのだそうだが、宇宙での壮絶なドラマ・・・・

35億年離れていて「明るくなる」ほどのエネルギーがそこには出ているのだ。

見えていないだけで、他にもそういうところがあるのかもしれないなぁ
そこから見ると太陽系とか、地球とか、人間とかは小さい小さい・・・。

|

« 異国へのあこがれ:ジャポニズム | トップページ | 点数さえ取れればいい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/40912239

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホールの軌道:

« 異国へのあこがれ:ジャポニズム | トップページ | 点数さえ取れればいい? »