« 100世紀の命 | トップページ | 今年のハナミズキ »

2008.04.28

何のための聖火?

もともと聖火リレーというのは平和の象徴とも言われているけれど・・・・

まあ、日本のためでもなければ、スポーツのためでもなく、単に中国の国威発揚だったのかもしれないな。

聖火一過、騒動避け店開けず…「ネット市民」ら感想送信 : 運営・話題 : ニュース : 北京五輪2008 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 リレーコース沿いの商店街では、聖火リレーの隊列が通り過ぎるのを待って開ける店が相次いだ。「チベット支援者に対する中国人の叫びで目を覚ました。恐ろしくて通り過ぎるまではシャッターを開けることができなかった」。茶販売店「長喜園」の宵野間(よいのま)信行社長(53)はそう説明した。

 群馬県高崎市のアルバイト男性(28)はリレー中、ネットで知り合った仲間約10人とチベット旗を振って聖火ランナーに「フリーチベット」と叫んだ。男性は動画投稿サイトでチベット人僧侶への弾圧などを知ったという。

 チベット旗を振っている間、中国人集団に囲まれて、どなられるなどしたため、警察官に助けを求めたという。「中国人が聖火を歓迎し、日本人が抗議するという異質な空間だった」と振り返った。

こういうニュースは表に出てこないと思っていたけれど、必ずしもそうではなさそうだし、メディア以外の情報源が存在するのがwebのよさでもあって、Cosもいろいろなところから実際にはどうだったのか、メディアに出てこない部分を教えてもらったりもしてきた。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787996903&owner_id=2071143

これはmixi内の日記だから会員以外はアクセスできないのだが、外で同じ映像を見つけることが出来なかったのでとりあえず。

が、上の記事の中にも

 沿道やゴールの若里公園で気勢を上げた中国人の多くは、貸し切りバスなどで速やかに帰路についた。
 チベット支援者たちは、聖火リレー到着式の後、ゴールの若里公園で集会を行ったが、午後2時ごろ終了し、電車やバスで帰った。

もちろん事実を書いただけだけど、意味するところは誰にでもわかる。

|

« 100世紀の命 | トップページ | 今年のハナミズキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41017784

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための聖火?:

« 100世紀の命 | トップページ | 今年のハナミズキ »