« 遅刻との戦い? | トップページ | 何のための聖火? »

2008.04.27

100世紀の命

10000万年近くも生きている木があるという。ちょっと見ただけではとてもそんなお年には見えないのだが、上の部分が枯れては下から出てくることを繰り返して、この年になったのだという。

asahi.com: 10000歳も夢じゃない世界最長寿の木 スウェーデン - サイエンス.

 スウェーデン中部のダーラナ地方にある山岳地帯で、同国のウメオ大学の研究者が樹齢が1万年近くある世界で最も長寿とみられる木を見つけた。これまで米国のマツの仲間が樹齢4千~5千年で最も長寿と考えられていたが、その記録を大きく更新した。

01gomi01

Umeå 大学のKullman教授によれば

Oldest Living Tree Found in Sweden.

"For many millennia they survived in the mountain tundra as low-growing shrubs perhaps less than a meter high," Kullman said. "Now they are growing up like mushrooms—you can see them quite readily."

1万年前の氷河期の後、何千年もの間1mよりも小さいような潅木として生き続けて来た木。そこから1940年代に上に伸びた一本の幹。

この幹のおかげで発見されやすくなったのかもしれない。Kullman教授によればこうした長い間生きてきた木がこの地にはまだあるかもしれないのだとか。

地球温暖化によってこうした高地について研究しやすくなったのだともいう。

10000年の間この土地で木は何を見てきたんだろう。
動植物にとって生息しやすい環境ではないから、荒涼とした風景を見続けてきたんだろうか?
ただひたすら行き続けるには10000年という時間はあまりに長いような気がするのはCosが短命だから?


|

« 遅刻との戦い? | トップページ | 何のための聖火? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/41006688

この記事へのトラックバック一覧です: 100世紀の命:

« 遅刻との戦い? | トップページ | 何のための聖火? »