« 色の深さと多彩さと・・・東山魁夷 | トップページ | 建築の記憶 »

2008.03.30

カタクリ

桜の花が満開になるころ、ちょうどカタクリの花も満開になる。
えり好みをしなければ桜の花ならどこででも見られるので、今日は母のお供で城山かたくりの里へ。

前の日に調べてみるとちょうど満開で混雑すると言うことなので、怠け者のCosもがんばって早起きをして開園時間に合わせていくことにした。

開園時間をちょっとすぎたころに着いたのだが、駐車場にはかなり車も入っていたし、少なくない人がもう園内に入っていた。

残念ながら天気も曇りで、カタクリの花は下を向いてさびしげ・・・
Img_7842

もしかしたら、明日の雨が終わってからのほうがきれいなのかもしれないけれど、母も出歩くことが多いし、Cosも出かけることが多い(遊び歩いているとも言う)のでまあ、仕方ないかな。

カタクリの花、たくさん群生していても一つ一つの花はどこか哀しげ。
満開の桜のようにきそって咲いているわけでもなく、一つ一つの花が人におもねることなく孤高を保って咲いているかのようで、Cosは好きだ。

Img_7915

時間とともに曇ってはいても花が少しずつ開き始める。
それと同時に人もどんどん増えてきた。
こんな風に群生しているところでは横一列にカメラ小僧ならぬカメラおじさん、カメラおばさんが三脚と立派なレンズで一生懸命に写真を撮っている。

これぐらいしないといい写真は取れないんだろうなぁ・・・

Img_7920

一輪だけ咲いているかたくりは、時間とともに花びらが開いてくるけれど、その表情はやはり哀しい・・・
華やかに咲き誇っている桜とは対照的だけど、Cosにはこっちのほうがいいなぁ


|

« 色の深さと多彩さと・・・東山魁夷 | トップページ | 建築の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/40693086

この記事へのトラックバック一覧です: カタクリ:

« 色の深さと多彩さと・・・東山魁夷 | トップページ | 建築の記憶 »