« いたずらではなく犯罪だ | トップページ | 子どもを取り巻くweb環境 »

2008.03.05

ネット学習

数学の学習と言うことになると、やはり通信教育というのは疑問を感じる。

問題を解くだけの公式を覚えて解くだけの数学なんて、数学教育のごくごく一部でしかないと思っているからだ。

表面的には数学の教科書に書いてあることを教えているだけだが、その中にテクニックだけでない数学の部分を極力織り込んで授業をしたいと思っている。

(実際にできているかと言うことになるとまだまだだし、時間的な制約も多くてどうにも出来なかったりもするけれど)

だからこういうことには本来賛成できない。

不登校高校生の在宅ネット学習、特区事業を全国展開へ .

 政府の構造改革特区推進本部は4日、不登校の高校生がインターネットなどを使って自宅で学習した場合に、単位として認める特区事業を全国展開すると発表した。近く正式決定し、2008年度から実施する。


 不登校の高校生の在宅学習を単位として認める仕組みは、北九州市が特区認定を受け、06年4月から同市内の仰星学園高で年間20単位を上限に実施されている。同校では、学校独自の教材を用いた添削指導などの通信教育を行っており、07年度の前期は8人の生徒がこの通信教育を受けるなど、一定の成果を上げている。

が、今の学校でも技術しか教えていない教員は圧倒的に多数と言う気がする。
Cosの職場でももちろんそうだし、
「導入は簡単だから飛ばして」と言う方もいらっしゃる。
(Cosは導入が一番大事だと思っているので・・・)

また、高校生にしてみたところで、「公式を使って問題を解ける」レベルでしかない高校生がほとんどなんじゃないだろうか。

もちろん、学校によってはそれ以上のレベルのところも少なくないし、Cosのところですら自分の頭を使って考えることの出来る生徒がほとんどいないというわけでもない。

しかも高3まで文理を問わず数学が必修になっているので、他の学校に比べれば数学に触れるチャンスは多いけれど、他のところでは文系だと一年次だけで数学がなくなるところも多い。
(そういう教育は間違っていると思うけれど、それはまた別の話)

形だけしか学んでいない高校生がこれだけ多いことを考えると別にweb学習でもいいような気がしてくる。

なんといっても昔と違っていろいろな分野でのweb学習はすごくよくなってきているし、Cos自身だって無料のサイトで勉強することも少なくない。
(有料のところはお金がないのでm∥_ _∥m )

大学だってサイバー大学があって、MITがあって、有料無料を問わず勉強する方法がいくらでもある。

本を読むしかなかったCosの学生時代とは大違いだ。

そういう中でこういう学習方法は増えていくだろうし、公のものになっていくんだろうな。

でも今年は受講者が8人か。
これから増えていくのかな?


|

« いたずらではなく犯罪だ | トップページ | 子どもを取り巻くweb環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/40379177

この記事へのトラックバック一覧です: ネット学習:

« いたずらではなく犯罪だ | トップページ | 子どもを取り巻くweb環境 »