« いまめまい | トップページ | 手の届かないもの »

2008.03.02

漢字はかけないけれど

Cosは漢字が苦手だから、漢検を受けたいと思ったことは一度もない。
結構読めはするけれど、まるっきりかけないから小学生のころから、国語の漢字の書き取りはほとんど0点に近かった。
(あぁ・・・自慢することじゃない_| ̄|● )

そのCosも定期テストになると現国の勉強として「漢字を勉強しなきゃなぁ」と決心するのだが、当然、他の教科に逃避して感じの勉強をしたことなどほとんどなかった。

幸いなことに漢字の書き取り以外の部分は何とかなったので、両親や先生からきつく追求されることもなかったので、そのまま現在に至っているわけだ。

漢字検定:高3の2級合格率、10年連続で2割切る .

 日本漢字能力検定協会(本部・京都市)が主催する漢字能力検定(漢検)で、高校卒業程度とされる2級の高校3年生の合格率が97~06年度に10年連続で2割を切っていることが分かった。中学卒業程度とされる3級は中学3年生の合格率が5割を超えており、高校生が漢字学習に力を入れていない実態が浮き彫りになった。同協会東京事務局の多和泰美次長は「漢字の活用力が不足すると思考力や感情の幅に影響する」と懸念している。

この記事の最後に2級で出題された問題が出ているけれど、何のことはない、Cosが出来ないという自信があったのは

(4)山のケイコクには雪が残っている。

の渓谷のみ。
本当はもっと難しい問題がたくさん出ていると思うのだが・・・

Cosからしてみると現国の勉強というのは漢字に尽きると思っているのだが、高校生たちは現国の勉強と称して何を勉強しているんだろう?

この漢検と言うのは06年度に受験した23万7000人の中学生に比べて6万9000人という高校生の受験率自体も低いし、その分ある程度得意とする生徒が受けていると思うのだが、それでこの成績と言うのも不思議。


それにしても現国って何を勉強しているのだろう?
一応大学受験を前提としている学校でも教科書を全部やることもないらしいし・・・・大学入試には理系教科しかhituyouのなかったCosは漢字以外は一度も「現国」の勉強と言うのをした記憶がないのだが・・・

あっ、授業はそれなりに聞いていたのかもしれない(記憶にはないけど)
定期テストはそれなりの点数が取れていたので、注意された記憶もないし・・・

古典が覚えないと点数が取れなかったのに比べて、勉強しなくても点数が取れるおいしい教科だったんだよなぁ・・・

|

« いまめまい | トップページ | 手の届かないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/40338215

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字はかけないけれど:

« いまめまい | トップページ | 手の届かないもの »