« 保育所の「整備」 | トップページ | 1年は1000年 »

2008.02.28

何もかも規則化へ

いつの間にか生徒手帳や「学校生活のしおり」などにかかれる規則が事細かになってきているような気がする。

個人的にはこんなに何もかも規制しなくても、生徒とじっくり話し合えばいいのではないかと思う部分も多いし、こんなつまらないことまで決めてしまうことはないと思うのだが、どうやらそれではやっていけないようだ。

「写真集出版で退学処分は無効」女性タレントの訴えを棄却 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 判決によると、女性は2004年、同高に入学。学校側は、入学時に芸能活動を禁止するとの内容の書面を配って生徒や保護者に知らせるなどしていたが、女性は06年7月に写真集を発売し、同10月、退学処分を受けた。

 女性側は、生徒に交付される「学校生活の手引き」には、芸能活動禁止の項目はなかったと主張していた。

「決まっていないことは好きにしていい」
「法律に違反していないから(あるいは見つからないから)かまわない」
「ばれなければいい」

学校にとどまらずそういう世の中なのだから、学校側がすべてを文章化して規制しなくてはならないのだろう。

好きじゃないんだけどなぁ

|

« 保育所の「整備」 | トップページ | 1年は1000年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/40298543

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかも規則化へ:

« 保育所の「整備」 | トップページ | 1年は1000年 »