« 検索したら | トップページ | 何もかも規則化へ »

2008.02.27

保育所の「整備」

あちらこちらで公立の保育所が民営化されたり、学童保育の職員を全部パートにしたりといった保育所や学童保育を取り巻く環境の悪化を聞いているのに、

asahi.com:保育所100万人増目標 待機ゼロ10年計画 政府検討 - 暮らし.

 保育所に入れない待機児童解消のため、政府が検討している「新待機児童ゼロ作戦」の内容が26日、分かった。保育所の整備などを進め、2017年までの今後10年間で、受け入れ児童数を現在の202万人から300万人に100万人増やす。また、小学生(1~3年生)を対象にした学童保育も68万人から213万人に145万人増やすなどの数値目標を掲げている。

「整備」を進めるというのは保育所や学童の子どもたちにとってよい環境を作るということとはまったく違うのだろうなぁ・・・

単に「預かる子どもの」人数を増やすだけのことなのかもしれない。

消費税率の引き上げを念頭に「効果的な財政投入」を求めている。

これが狙い?

|

« 検索したら | トップページ | 何もかも規則化へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/40285963

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所の「整備」:

« 検索したら | トップページ | 何もかも規則化へ »