« 病んでいる地球 | トップページ | 短大卒の扱いに? »

2008.01.08

公立の夜間塾

公立中学で開講しようとした夜間塾が徒の指導で延期することになった。


杉並・和田中「夜間塾」、開始延期へ 都教委の指導受け.

 「夜スペ」と題された和田中の試みは、平日午後7時以降、大手進学塾「SAPIX中学部」の講師が2年生に指導する。保護者らでつくる「地域本部」が主催し、参加費はSAPIXの正規授業料の半額程度。リクルート出身の藤原和博校長らが教材づくりに協力する。希望した19人全員が参加する予定だ。

 都教委は、(1)希望しても受けられない場合があり、機会均等の確保に疑問がある(2)特定の塾が学校を利用して営利活動をしていると疑われかねない(3)教材づくりに教員がかかわり公務員の兼業兼職の疑いがある――と指摘。7日、区教委の井出隆安教育長らを都庁に呼び、文書で再考を求める指導をした。

よくわからないのはこの19人と言うのはなんだろう?
参加する生徒の数だとすると和田中の一学年の生徒が何人いるのか知らないけれど、受講者の人数だとするととてもじゃないけど、教材から作っていては採算が取れないような気がするのだが・・・

まあ、最初だから採算は度外視するのだろうけれど、それにしても人数が少なくないだろうか?

中学で単学級と言うことはないだろうからどう見ても参加者は半分以下。
校長の肝いりで始めることにしては問題がありそうな気がする。

教員の数だとすると今度は逆に世田谷の公立中学だし、教科数を考えるとかなり多い気がする。
全学ではなく2年生だけだし・・・
いったいどんな19人なんだろう?

|

« 病んでいる地球 | トップページ | 短大卒の扱いに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17619501

この記事へのトラックバック一覧です: 公立の夜間塾:

« 病んでいる地球 | トップページ | 短大卒の扱いに? »