« 何の検査をするのか | トップページ | 理系の学力 »

2008.01.31

授業のノート

「欠席しても、授業のノートを写せば大丈夫」という同僚の言葉を聴いて、ふと自分を振り返ってみた。

Cosの教えている生徒たちは黒板に書いたことしかノートに取らない。そのノートだけを見て授業を受けてない人が十分に理解できるノートになっているのだろうか。

もし、ノートを見るだけで十分な授業であれば、授業を受ける代わりにそのノートを写せばそれでいいはずだ。
そのノートを見て自学自習すれば十分なはずだ。

そういう授業をCosはしていないだろうか?

休んだときに友達からノートを借りて移すことは出来るけれど、それ以上に授業を受けることで得られるものがあるような、しかし、ノートを見ればどんなことを勉強したのかしっかり思い出せるような授業をしないとなぁ・・・

教科書と同じことを言っている授業なんて、数学では言語道断だと思うのだが、他の教科ではどうなんだろう。
ノートを見るだけと授業を受けるのとの違いが人に教わるよさだと思っているのだが、そうでもないのかもしれない。

すごく不思議なのは教科書を全部やらなくてもかまわない教科がいくつもあると言うことかも。習ってない分野があってもそこは自分でやっておけばいい・・・などと言うのであれば、もともと授業を受けなくても自分で勉強すればいいんじゃないかと思うし、自分で勉強したことを土台にもう一歩踏み込んだ内容が授業で出来るのが本当なんじゃないかと思うのだが・・・

まぁ、現実的には生徒が教科書を自分で勉強してきた上でもう一歩踏み込むなんていうことは(生徒はまず勉強してこないから)不可能なんだろうけど、もったいない教師の使い方なんじゃないだろうか。

|

« 何の検査をするのか | トップページ | 理系の学力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17912710

この記事へのトラックバック一覧です: 授業のノート:

« 何の検査をするのか | トップページ | 理系の学力 »