« 回転回 | トップページ | 砂を数える »

2008.01.04

器作って・・・救急医療

どれほど立派なシステムを作ってもそれが機能しなければ何の意味もない。
立派な器は出来ているけれど、魂が入っていない見本みたいだ。

大阪府に限ったことではないのだろうけれど、今問題にされているのは大阪府の救急医療体制についてだから、新聞の記事も大阪府ばかりになる。

大阪府救急情報システムで「可能」の19病院、搬送拒否 .

 救急搬送された大阪府富田林市の女性(89)が計30病院に受け入れを断られ、翌日に死亡した問題で、救急患者の受け入れ先を迅速に探すため、大阪府が導入した「救急医療情報システム」が事実上、機能していなかったことがわかった。19病院がシステム上は「受け入れ可能」だったが、医師不足などを理由にすべて拒否し、同市消防本部が独自に作ったリストで、ようやく搬送先が確保されていた。現場からは同システムの効果が期待できない現状を憂う声が上がる。

 同システムは国の補助金を得て各都道府県が運用、大阪府は94年から府医師会に委託してスタートさせた。府内の約270病院が救急患者受け入れの可否や担当できる診療科、ベッドの空き状況などを端末に入力し、救急隊などが確認している。

 毎日少なくとも2度、各病院の事務職員らが情報を更新する取り決めだが、入力し忘れる病院が常に10カ所前後あるほか、リアルタイムの情報でないため、必ずしも実態を反映していない。

 今回、同消防本部は女性が嘔吐(おう・と)などを訴えたため、指令室から「内科医」「受け入れ可能」と表示された19病院に連絡したが、いずれも「満床」「急患に対応中」などと拒否された。「受け入れ可」になっている複数の病院から断られるケースは日常的だという。

 このため、同消防本部は毎日午後5時に近隣の16病院に電話をかけ、当直医と受け入れ可能な診療科を確認して独自の一覧表を作成。今回の場合、救急車内から「内科医が当直」「内科医はいないが、受け入れ可能」の計11病院に連絡。一度はすべて断られたが、最終的にこの中から搬送先を確保したという。

このシステムはまったく生きてない。
よくあるトップが「○○しましょう」と言いつつ、下の人たちがまったくついていかないパターンなのかもしれない。
救急隊員は無駄と知っていてもまず「救急医療情報システム」を利用しなければならないのだから、いい迷惑かもしれない。

ここだけで19病院当たっているわけだから、その時間も無駄にかかってしまったわけだ。結局自分たちの作ったリストが活用されている。

つまり、「救急医療情報システム」にかかわっている人たちの人件費も補助金も無駄に使われる結果になっている。

確かに大義名分だけを聞いているととてもいいように見えるが実体はこんなもの。
おそらく今回の件でもう少しちゃんと動くようになるかもしれないけれど、それも「人のうわさも75日」の間だけかもしれない。

そしてまた、
収容に1時間、事故男性死亡 5救命センター拒否 大阪 .

 大阪府東大阪市で2日夜に交通事故に遭った男性が、府内の五つの救命救急センターから「満床」などを理由に受け入れを断られ、事故から1時間後に現場から約13キロ離れた同府吹田市の救命救急センターに運び込まれた後、死亡していたことがわかった。搬送した同府大東市消防本部によると、24時間態勢で緊急治療を担う救命救急センターに重篤な患者の受け入れを要請する場合、通常なら2、3施設目までに搬送先が決まり、「5施設も断られるのは極めてまれ」という。

 いわば「最後の砦(とりで)」が相次いで受け入れを断ったことは、大都市の救急医療体制の弱体化を浮かび上がらせたとも言えそうだ。

受け入れ拒否回避?で懸念していたとおりになったわけだ。

大阪府はとりわけ問題が深刻なんだろうけれど、決してこれは大阪に限ったことではなくてCosの住んでいるところだのような新興住宅地ではどこでも同じような問題を抱えているんだろうな。

その点、都心部にすんでいると病院はたくさんあるし、行政の目は光っているし・・・・
年を取ったら都心に住むのがいいのかもしれない。

名前だけはかっこいいけど、内容がお寒い限り・・・・うちと一緒だ_| ̄|●

|

« 回転回 | トップページ | 砂を数える »

コメント

>その点、都心部にすんでいると病院はたくさんあるし、行政の目は光っているし・・・・

17人の死傷者が出た秋葉原の無差別殺傷事件が起きた時に、患者を運ぶ優先順位を決める「トリアージ」をやらなきゃいけないほどに、東京の受け入れキャパシティは悲惨な事になってるんですが…。

http://punigo.jugem.jp/?eid=484

投稿: 都筑てんが | 2009.03.10 10:06

そうなんですね。
あれだけたくさん病院のある都心部でさえ・・・

あちこち見てみるとイギリスはもっと怖いことになっているようで、せめてそうはなって欲しくないなぁ・・・と思います。

投稿: Cos | 2009.03.15 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17572443

この記事へのトラックバック一覧です: 器作って・・・救急医療:

« 回転回 | トップページ | 砂を数える »