« 期待される子ども | トップページ | 恐竜の筋肉の化石 »

2007.12.05

読まない考えない(学習到達度調査)

数学の問題を解いているときに、文章題になったとたんに「読まない」「考えない」生徒が圧倒的に多い。

成績が振るわない生徒がとこうとしないのかというとそういうことでもなく、ある程度の成績を取っている生徒でも読もうともしない。

もちろんトップを取るような生徒は文章題であろうが解けなければ間違いなくトップの座を滑り落ちるから、きちんと読んでといているけれど、そこまでではない生徒の多くは文章題になったとたんにやってみる意欲もない。

そういう現象を如実に捉えたのがこの学習到達度調査かもしれない。
学習到達度調査:「技術立国」に暗雲 授業で実験・観察少なく、学ぶ楽しさ見いだせず.

 経済協力開発機構(OECD)が4日公表した国際学力テスト「学習到達度調査」(PISA)で、日本の高校生は他国に比べて理科学習への関心・意欲が著しく低いことが分かった。日本の授業では実験・観察、発表の機会や討論が少ないことも判明し、生徒が積極的に参加する授業になっていない実態が一因であることをうかがわせた。数学的活用力も低下傾向で、科学技術立国を目指す日本には深刻な「理数離れ」が改めて浮き彫りになった格好だ。また、前回03年調査で課題に挙げられた読解力は依然としてOECD平均レベルにとどまり、答えを全く書かず、白紙のままにする「無解答率」も高率を示して改善の傾向は見えなかった。

とっくの昔に今の生徒たちは「技術立国」といえるような育ち方をしていない。
Cosの教えている生徒たちは決して(学生として)日本のトップレベルにいるわけではないから、日本のトップレベルの技術がどうなのかということについてはわからないけれど、彼らが社会の中心になる年齢に達したとき、日本がまだ「技術立国」といわれていればびっくりしてしまうに違いない。

 「あなたは30歳くらいになったら、どんな職業に就いていると思いますか」。希望の職業を記述する設問では、科学関連の職業を挙げた日本の高校生はわずか8%にとどまった。一方、OECD加盟国(30カ国)の平均は25%で科学的活用力の成績がトップだったフィンランドは18%、2位の香港は21%、3位のカナダは37%だった。科学関連の職業に魅力を感じている日本の高校生が、いかに少ないかを示している。

これで「技術立国」でい続けることが出来るとは到底思えない。晴れる可能性のある「暗雲」なんていう明るい見通しなんかCosには立たない。

他のところで話していて、「昔の学校の授業がよかった」という意見も見たけれど、必ずしもそうではないと思っている。
そうではなくて、子どもを取り巻く環境からの刺激が昔とはまったく質の違ったものになっているような気がする。

なるべく簡単に、なるべく早くできることをまずめざしている社会になっているような気がする。

たとえば、数学関係で話題になった百ます計算、インド式計算術・・・・唯一考えさせるないようだと思ったのは「四角い頭を丸くする」シリーズぐらいだろうか?これにしても、「それでどうなる?」というより深く考えさせるものは持っていないけれど。

生まれたときからテレビに囲まれて、いろいろな刺激は受けているし、子どものころから社会とつながることが可能になっている時代だけれど、その一方で考えることなく受身のテレビ、携帯の小さな画面に書かれた文章・・・

じっくりと読んで考えることとは程遠い環境。
この環境の中で学校だけがどうがんばっても限られた時間の中で
「読んで」「順序だてて考える」なんていうことが出来るようになるとはとても思えない。

子どもたちを取り巻く環境は「見るだけ」「誰にでも簡単に出来る」(要するに考えなくても出来る)だからなぁ・・・

科学的活用力で出題された温室効果に関する設問の問3は、正答率が17・6%で、OECD平均(18・9%)とほぼ同じだったにもかかわらず、答案に何も記述しない無解答率は41・1%に上り、OECD平均よりも5・6ポイントも高かった。酸性雨に関する設問の問1、問3でも正答率はOECD平均と0~マイナス3・3ポイント差だが無解答率は10・1~12・5ポイントも開いた。

 文科省は「複雑な問題で、課題を特定して述べていくことまでできていない。途中であきらめてしまう生徒がいるのかもしれない」と指摘する。無解答率は▽科学的活用力7・8%▽読解力13・5%▽数学的活用力11・9%で、いずれもOECD平均よりも高く、記述式の設問を中心に前回と同様の課題が残った。

 また、平均点で日本は03年調査よりも科学的活用力が17点、数学的活用力が11点下落した。読解力は03年と同じ点数だった。読解力と数学的活用力は次回以降にも出題するため、今回出題された全問題が非公開となっている。

 このため、日本の苦手分野を詳細に分析することはできないものの、文科省は読解力の課題に記述式問題の無解答率の高さを指摘したほか、数学的活用力では「『量』に関する問題の正答率で下がっている値が大きく、特に応用的な問題が下がっている」と述べた。

だけど、今の子供たちはすごくがんばっているのだ。
これだけ意欲もなくやろうとも考えてないのに、知識に関するものについては世界のトップではないけれど、一応トップグループといってもいいレベルにある。

つまらないし、意欲もないけれど知識はしっかり身につけている。
逆に言えば意欲もないし、実験などの実習を含む学習もしていない生徒たちが、これだけの点数が取れているのだから、これは子どもたちががんばった成果。

これがいい意味にせよ、悪い意味にせよ日本の教育の現状。

|

« 期待される子ども | トップページ | 恐竜の筋肉の化石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17278238

この記事へのトラックバック一覧です: 読まない考えない(学習到達度調査):

« 期待される子ども | トップページ | 恐竜の筋肉の化石 »