« 受け入れ拒否回避? | トップページ | 寒い現状(温室効果ガス削減) »

2007.12.11

校長ブログ?

大学の学長が作るblogが「学長ブログ」なら、それ以外の学校では「校長ブログ」かな?

ブログ:学長の開設相次ぐ 大学「発信」に関心…東海地区 - 毎日jp(毎日新聞).

 大学トップの生の声を伝えようと、大学のホームページに日々の考えや行動を記したブログを開設する学長が増えている。少子化などで厳しい環境にある大学が「発信」することへの関心を強めていることが背景にある。10月末に開設した三重大(津市)の豊田長康学長(57)=産科婦人科学=は「今“ブログ力”が学長に求められている」と話す。

(中略)

 携帯電話でキャンパスの草花を撮影。アトリエで製作中の学生に助言しつつ“取材”し文章を書く。出張先でも携帯電話から送稿。「受験生に読まれるのを想定していたが、意外に在学生に読まれているようだ。以前の学長は学生にとって入学式と卒業式に出てくればいい存在だったかもしれない。今は発信力が問われている」と話す。

この「発信力が問われる」時代になってきていると言うのは考えさせられる。

かつて、「情報は発信するところに集まる」とはじめて聞いたときには、自分が情報を発信するなんて考えたこともなかったのですごく驚いたのだが、(その情報の質はかなり愚劣だけど)自分でも情報を発信し始めて、始めてその言葉の意味がわかってきたような気がする。

企業だけでなく、学校も情報を発信し続けなければならない時代になってきているのだろう。、
その情報の室によって学校が評価されるなら、Cosのところは箸にも棒にもかからないだろうなぁ・・・

第一blogが何かを知らない人がほとんどだろうし・・・・
ある意味でこの業界は特にweb化が遅れている業界ともいえるし・・・

校長ブログ・・・自らが情報を発信していくような学校になることがあるのだろうか?

|

« 受け入れ拒否回避? | トップページ | 寒い現状(温室効果ガス削減) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17342408

この記事へのトラックバック一覧です: 校長ブログ?:

» 先生方のblogが危ない [Nとーの考えたこと]
 学校の先生方が管理・運営しているweblogの存続が危機に瀕しているらしいです。  風の便りに聞いただけなので、詳しいことはわかりません。  某県の教育委員会が県立学校に対して何らかの指示だか通達だか注意を行ったらしいです。Nと〜がちょこちょこお邪魔しているblogでもぼんやりとしか書かれていませんが、……。  それぞれの職業には守秘義務があります。県立学校の先生ですから、地方公務員法にもしばられ、その守秘義務はより大きなものとなっています。  責任が大きいのは当然ですが、言論の自... [続きを読む]

受信: 2007.12.11 22:42

« 受け入れ拒否回避? | トップページ | 寒い現状(温室効果ガス削減) »