« 誰と見る? ムンク | トップページ | 恋人と? シャガール »

2007.11.17

歴史の謎に迫る

子どものころから社会科、特に歴史が嫌いだったCosにとっても、理詰めで謎を解き明かしていく面白さはわかるような気がする。

平家物語:成立年代の謎、火山研究で迫り成果…鹿大准教授 .

 平家物語にある霧島山(鹿児島、宮崎県境)噴火の記述を、鹿児島大理学部の井村隆介・准教授が地質調査結果などと照合したところ「平家物語の成立は1235年より前」との結論に達した。平家物語は成立年代が不明で、研究者は「非常に貴重な意見」と評価。火山の科学的研究が古典文学のなぞに迫るユニークな成果となった。19日から長崎県島原市で始まる第5回火山都市国際会議で発表される。

この前歴博でやっていた企画展での弥生時代に関する考察でも年代測定の精度が上がったためにこれまでよりも弥生時代が500年早くなったといわれている。

その決め手となったひとつが煮炊きをした時についているすすや、建物に使われていた木材。特に「汚れ」としか見えないすすから年代を測るなんて、かつては想像もつかなかったに違いない。

今回の平家物語の成立についても、火山の噴火という自然科学の現象が平家物語とつながっているのが、面白いような不思議なような。

自然科学と違って、たった一つの証拠だけで歴史はあっさりとひっくり返されかねない、そんな面白さがあるんだろうなぁ・・・

かつて存在した自然の出来事から歴史が紐解かれつつある。がその一方で自然科学的な考え方をあくまで受け入れようとしない人たちもいる。

高みの見物で見ていると面白いかも。

|

« 誰と見る? ムンク | トップページ | 恋人と? シャガール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17103216

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の謎に迫る:

« 誰と見る? ムンク | トップページ | 恋人と? シャガール »