« 月の立体視 | トップページ | gooはだいち »

2007.11.30

学習到達度調査 科学的活用力

「やっぱりね」という結論なのだろうか?それとも、もっとのびていていいはずなんだろうか?

なんとなくいろいろなところを見ているとあちらこちらでずいぶんと「科学」に力を入れたイベントがあるし、子どもたちの関心も集まっているような気がするのだが、成果が出たというところまでは行かないのかもしれない。成果が出るとしてもそれまでには時間もかかるだろうし・・・・

学習到達度調査:科学的活用力で日本は6位転落 .

 経済協力開発機構(OECD)は29日、各国の15歳(日本では高1)を対象にした学力テスト「学習到達度調査」(PISA)の06年調査の科学的活用力の結果を公表した。日本は前回03年調査の2位(548点)から6位(531点)に転落した。読解力や数学的活用力の結果は、来月4日に公表される。

(中略)

==============

◇06年PISAトップ10と順位の推移◇

 <科学的活用力>

    06年調査          03年 00年

 (1)フィンランド    563点  1位  3位

 (2)香港        542点  3位  --

 (3)カナダ       534点 11位  5位

 (4)台湾        532点  --  --

 (5)エストニア     531点  --  --

 (6)日本        531点  2位  2位

5位のエストニアと日本の得点は一緒なのだが、どこで5位と6位に分けたんだろう?
そして2000年の一位と四位は(ここには引用してないけれど)10位までには入っていない。
どこへ消えたんだろう。

このリストに出てくる名前を見ていると、今現在技術立国といわれている国の名前が出ていない。

全体のリストを見ていろいろと考えてみたいな。


|

« 月の立体視 | トップページ | gooはだいち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17229745

この記事へのトラックバック一覧です: 学習到達度調査 科学的活用力:

« 月の立体視 | トップページ | gooはだいち »