« いつか宇宙へ・・・ | トップページ | なんか悔しい »

2007.11.20

見えない人間関係

こういう事件は後を絶たないし、これからも今まで以上に人の目に見えるようになるだろう。

高1自殺、体にあざ 別の生徒に暴行容疑で高2ら逮捕.

 岡山県警は19日、中学時代の後輩3人を河川敷に呼び出し、1人に暴行してけがを負わせたとして、岡山市の私立高校2年の男子(16)と、同市内に住む土木作業員の少年(18)を傷害の疑いで逮捕した。呼び出された3人のうち、逮捕された男子と同じ高校に通う1年の男子生徒(16)は16日に自宅で首をつって自殺した。遺体に複数のあざや傷があったことから、県警は2人がこの男子生徒にも暴行していなかったかどうかも調べている。

自殺をすれば新聞に出るし、警察も動いてくれる。
なにしろ、

逮捕された2年生男子は、問題行動はなく、19日朝もいつも通り登校したという。副校長は「2人にトラブルがあったとは把握しておらず、逮捕者まで出たことに大きなショックを受けている。ほかの生徒間にもトラブルなどがないか調査したい」と話した。

親が気がついていたかどうかはこの記事からはわからないけれど、学校側は問題にしていなかったことだけはわかる。

もしかしたら、ある程度は把握していたけれど、そうは言えないだけかも知れないけれど、実際に見えないということもあるのかもしれない。

特に学年が違えば学校の中での接点は少ないからよほどのことがないと(学校の中だけでは)気がつかない可能性も高い。

それに気がつけというのも難しいし、生徒の行動を一日中見ている(監視しているともいう)というのも難しい。

何よりも今の日本の社会では、子供同士の暴行が犯罪だという意識がないことが問題かもしれない。

それはまた、子どもが喧嘩に限らず、一人の人とのして他者との社会的距離の保ち方を知らないということによるのかもしれない。

小さい子どものうちは親の目が光っているから、自分で他の人との距離を測るのではなく、親や周囲の人に守られているけれど、成長とともに保護がなくなるとその距離のとり方がわからないような気がする。

力もなく、回復力の早い幼いうちに相手との距離のとり方を学ぶチャンスがなく、育ってしまったのではないのかなぁ・・・

そして直接見える大人の世界・・・たとえばTVやwebの中でごく当たり前のように行われている他者に対する誹謗や暴行、どれもそれだけでは取り立てて大きな問題ではないのだが、見ている側に節度がないから・・・・

という気もしないではない。

|

« いつか宇宙へ・・・ | トップページ | なんか悔しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/17126642

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない人間関係:

« いつか宇宙へ・・・ | トップページ | なんか悔しい »