« ライチョウを守りたい | トップページ | だるい・・・ »

2007.11.05

授業の準備

このところ授業でPCを使うことが増えている。

増えているというよりは違う授業で使うべき授業が重なっているというべきか・・・
数学I、数学A、数学II、数学B・・・・・
何のことはない、今教えている全部の授業で「見せる」べきモノが重なっているのだ_| ̄|●

確かに今まで造ったものもあるから0から準備するわけではないけれど、この前の夏にちょっと勉強したのが響いていて、どれもこれも手を入れているからなかなか大変だ。

そこまでしてやらないといけないということはないのだが、ビジュアル的に育った子どもにとってはやはりビジュアル的に見せるほうが理解しやすい。
というよりも、見えないものは考えようとしない・・・というべきかも知れない。
言葉で説明したものを理解しようとするのではなく、「わからないもの」としてそのままにしてしまいがちなのだ。

見せずに授業をやったときには「わからない」といわれた部分の多くが見せることによってすんなりと理解できるというのはPCの効果だけれど、わからないものを理解しようとする努力をしなくなってきていることのほうが問題なのかもしれない。

ただ、残念なことに「考えようと努力しないこと」は具体的には目に見えないけれど、「わからない」というのははっきりと見える。

本来、「考えようと努力する」生徒を育てるべきなのだが、その部分は誰からも、生徒本人からさえも評価されない。
そういう授業を目指そうとしている人たちもいないわけではないけれど、今のところその結果は出てきていないから、周囲からは否定的な評価が多い。

どうにもならないのかなぁ・・・・


それにしても他の人が普段使っている遮光カーテンのついた特別教室を頼んで借りて、教室移動してパソコンとプロジェクタを持っていって授業はかなりきつい。
せめてプロジェクタに黒板モードがあればそのまま教室でできるのに・・・・_| ̄|●

買ってくれるとは言っているものの、授業で使う可能性のあるのがCosともう一人だけではなかなか実行してもらえないのも仕方ないのだ・・・∥>_<∥

|

« ライチョウを守りたい | トップページ | だるい・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16981855

この記事へのトラックバック一覧です: 授業の準備:

« ライチョウを守りたい | トップページ | だるい・・・ »