« t:1-t | トップページ | ネットいじめ? »

2007.11.01

救急拒否の一端

 以前、救急車が受け入れ先を探しているうちに赤ちゃんを死産してしまったという事件があって、産婦人科の大変さを知るきっかけにもなったけれど、こうした受診を受け付けてもらえない出産間近の妊婦さんは実はどこの病院にも受診記録がなかったりする。

asahi.com:無料の妊婦健診、全国平均は2.8回 厚労省調べ - 暮らし.

 無料で妊婦健診を受けられるよう市町村が公費負担しているのは全国平均で2.8回(8月現在)であることが31日、厚生労働省の調査で分かった。厚労省は今年度、受診促進のために地方交付税を増額し、最低5回分を公費で負担するよう要望していた。

(中略)

 都道府県単位で公費負担の平均回数を見ると、「2回以上3回未満」が30自治体と最も多く、計43自治体で5回を下回った。最多は秋田県(10回)で、一番少なかったのは大阪府(1.2回)だった。

 妊婦は出産までに14回程度の健診を受けることが望ましいとされる。1回あたり5000~8000円程度かかり、費用負担を理由に受診しない妊婦も少なくないため、厚労省は公費負担の充実を呼びかけている。

受診している病院があれば、何かあってもそこへ行くことになるから、受診拒否の問題は起こらないはずだけど、この「費用負担を理由に」という人たちがいざ出産となって、救急車で受け入れ先を探すということになりかねない。

この検診の費用が負担しきれない人たちというのは出産にかかる費用も負担するのが苦しい人たちだということが病院側もわかっているから出来れば受け入れたくないというのが現状なんだろうな。

|

« t:1-t | トップページ | ネットいじめ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16939778

この記事へのトラックバック一覧です: 救急拒否の一端:

« t:1-t | トップページ | ネットいじめ? »