« 試験前 | トップページ | 携帯電波が原因? »

2007.10.17

出世して社会に還元

見出しを見たときには「北里研究所長」なんていうのは金持ちでないとなれないんだろうなと思ったのだが、
北里研究所長、故郷・韮崎市に美術館贈呈 5億円相当 - 文化・芸能.

 抗生物質の研究で知られる大村智(さとし)・北里研究所長(72)が、生まれ故郷の山梨県韮崎市に近く完成する私設美術館を、同市に寄付する。展示・収蔵する美術品を含め、総額5億円は超えるという。人口3万3000人の市は、思わぬビッグプレゼントに感激している。

 大村さんは、絵画や陶器、彫刻など美術品の収集家でもある。今回寄付する「韮崎大村美術館」は27日に開館する予定。もともと故郷のためにと造ったもので、土地・建物と美術品を、開館から約1年後に市に一括して引き渡すという。

(中略)

 大村さんは、東京理科大大学院修了後、山梨大助手、北里大教授などを経て、90年から北里研究所理事・所長を務める。都立工業高校の定時制で教師をした経験もある。

 約40年間の研究生活で約360種の微生物由来の新たな天然有機化合物を発見。うち17種は、医薬品や農業用薬剤として世界中で使用された実績を持つ。特に米・メルク社と共同研究で開発した寄生虫駆除薬イベルメクチンは、熱帯病のオンコセルカ症(河川盲目症)の代表的な予防・治療薬として年間約6000万~7000万人に使われているとされる。

 これらの薬の「大ヒット」で、大村さんは巨額の特許料を手にした。

数学と違って薬学はお金になるんだなぁとおもう一方で、人の命を守りながら巨万の富(Cosには巨万に見える・・・)を築き上げた人が社会に還元するというのはすごいと思う。

この業界の事はCosにはわからないけれど、彼に対して批判的な人もいるんだろうけれど、あくどく金儲けをしてその富の上にあぐらをかいている人が多い中で貴重な存在。

悲しいニュースが多い中・・・・ニュースにならなくても世の中には自分の立場をかさに来て弱いものを人間扱いしないような人もCosの周囲でも少なくない・・・もちろん大村氏がそういう人でないという保証はまったくないのだが・・・

他者をを殺めたり傷つけたり苦しめたりするような人ばかりのこの世ではとても爽やかに見えてくる。

|

« 試験前 | トップページ | 携帯電波が原因? »

コメント

この大村智さんて、女子美術大学の学長もしているんですね。
最後にこうして巨額の寄付をするなんて、日本人離れしてる。

僕も真似したいけど、でもないものはない。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2007.10.17 16:21

>ぴーちゃんさん、

なんか、こういう人の心を育てるためにお金を使うという発想が日本にはないよなぁ・・・

ほんと、お金さえあったらまねができるものならまねがしたいですが・・・・
今のところ少額の寄付をして、人を育てるよりも少額しか使えないなら、自分を育てたい∥xx;∥☆\(--メ)

投稿: Cos | 2007.10.18 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16784313

この記事へのトラックバック一覧です: 出世して社会に還元:

« 試験前 | トップページ | 携帯電波が原因? »