« 通院していても受け入れ拒否 | トップページ | »

2007.09.28

ゴールするとき

ゴールするときに人は何を思うのだろう?
基本的にスポーツ苦手なCosは「レース」のチャンスは極力避けてきたし、ありがたいことに高校時代にはそういうことはなかったし中学のときの運動会は運動らしいことは何もせずに済ませてきてしまったので、小学校以来走ったことはないから、どんなことを自分が考えたのかまったく記憶にない。

マラソンならおそらく疲れきった表情で「終わった」という感じなんだろうと思うし、
短距離であれば何かを思う前についてしまいそうな気もするけれど、体育大会で走るときには何を考えるのだろう?

先日見せていただいた写真にゴールする瞬間の少年の写真があった。
ゴールのテープを胸で受けた少年の表情には疲れもなければ喜びもなかった。
そこにはレースに対する思いがあるようには見えなかった。
どこか悟ったような、何かあきらめたような複雑な表情。

もしかしたら本人の思いはまた違うのかもしれないけれど、その表情には深いものがあり、写真から目が離せなくなった。

彼はいったい何を思ったのだろう。

きっと時間がたってしまった今となってはその瞬間に何を思ったのか彼にも思い出せないのだろう。

そんな一瞬を捉えた写真。

偶然そんな写真が取れたかのようにも見えるけれど、Cosはそれが偶然ではないことをアンリ・カルティエ=ブレッソンから学んだのだ。

|

« 通院していても受け入れ拒否 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16595065

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールするとき:

« 通院していても受け入れ拒否 | トップページ | »