« 北極の氷が解けることは・・ | トップページ | みんなが書いていそうな気もするけれど・・・ »

2007.09.12

小粒でキラリと光る

「落ちる前に願い事を唱えるとかなう」という流れ星。
地上に隕石になって落ちているものが話題になることはまず無いのでそんなに大きなものじゃないという印象はあったけれど・・・


流星:輝きのもとは直径わずか数ミリ-科学:MSN毎日インタラクティブ.

 夜空を彩る流星の輝きのもと(発光領域)は、直径わずか数ミリから数センチしかないことが国立天文台などの研究で判明した。米ハワイ島にある同天文台のすばる望遠鏡が偶然とらえた流星の画像を詳しく解析した。これまでは、流星の通り道は直径1メートル以下だとしか分かっていなかった。

 流星のもとは宇宙からやってくる微小なちりで、ほとんどは直径0.1~1ミリ。毎秒数十キロの速さで地球大気に飛び込み、大気中の酸素や窒素の原子や分子と衝突、ちりの通過する領域が加熱されることで発光する。

本当にごく小さな粒なんだなぁ・・・
星粒が光っているのではなく、大気中の空気に含まれているものが光っているから大きさがあるように見えるのか。

空を飛んでいるのなんか見えないごみような1ミリの小さな粒が周りを光らせている・・・
星空というとスケールの大きなものばかりを考えがちだけれど、こんな小さなものも希望を与えてくれるんだなぁ・・・

前回の流星群の時には流れ星を見なかったけれど、小さな小さな星粒がCosの願いをかなえてくれるといいなぁ・・・

|

« 北極の氷が解けることは・・ | トップページ | みんなが書いていそうな気もするけれど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16421635

この記事へのトラックバック一覧です: 小粒でキラリと光る:

« 北極の氷が解けることは・・ | トップページ | みんなが書いていそうな気もするけれど・・・ »