« 大丈夫かなぁ | トップページ | 将来に希望のない時代? »

2007.09.26

弥生の仮面

つい最近、「弥生はいつから」という国立歴史民俗博物館の展示を見てきたから余計に関心があるのかもしれない。

纒向遺跡:国内最古の木製仮面が出土 奈良・桜井-話題:MSN毎日インタラクティブ.

 奈良県桜井市教委は26日、同市内の纒向(まきむく)遺跡から、国内最古の木製仮面(3世紀前半)が出土したと発表した。縄文時代の土製仮面は確認されているが、弥生・古墳時代は、土製を含め仮面の実物がない。同遺跡は邪馬台国の最有力候補地。市教委は、当時の日本の中心地である遺跡の農耕祭祀(さいし)の実態を示す、貴重な発見としている。

 今年4~6月に同市太田のため池を調査し、仮面は、素掘り井戸の穴から見つかった。長さ26センチ、幅21.5センチ、厚さ0.6センチ。アカガシのくわを転用したとみられ、くわの頭部側をあごにし、柄をつける穴を口に利用。両目の穴を開け、まゆ毛は線刻で表現、周辺には赤い顔料が付いていた。

Gomi2

特に凝ったつくりをした仮面ではなく、くわを利用したシンプルな仮面で農耕祭祀に使われたのではないかという。
テレビのニュースでは節分の起源ともいえる儀式(名前忘れた)と同じようなものに使ったのではないかとも言っていた。

弥生時代、どんな人たちによってどんな風に使われていたんだろう?
どんな暮らしをしていた人たちが使っていたのかということはある程度わかるのかもしれない。

・・・今頃、年代測定をやっているのかなぁ・・・・
と思うのは歴博の影響だな∥^O^∥

|

« 大丈夫かなぁ | トップページ | 将来に希望のない時代? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16583146

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生の仮面:

» 166:畿内の木製の仮面(弥生時代) [歴史大好き考古学徒の日記]
木製の仮面が,弥生時代の遺跡から出土したそうです。 奈良県の纒向遺跡から発見されたそうです。 ぱっと見たときは,弥生時代の人面付土器の存在を,思わせるものがあります。 なるほど弥生のときの仮面ねえ。 単純な文様で,作られたものだなあと思いました。 実物を見たわけではありません。 写真を見たに過ぎませんが。 仮面といえば,縄文時代の土製の仮面が東日本で数多く見られます。 今回発見された木製仮面と土製仮面は系譜が異なるのではというコメントが見られます。 しかし,実際はどうな..... [続きを読む]

受信: 2007.10.01 16:32

« 大丈夫かなぁ | トップページ | 将来に希望のない時代? »