« 将来に希望のない時代? | トップページ | ゴールするとき »

2007.09.27

通院していても受け入れ拒否

以前、救急車で運ばれた奈良の妊婦がどこの病院からも受け入れてもらえずに子どもを死産してしまったニュースがあったけれど、そのときにはこの妊婦はかかりつけの病院のない、今までどこかで子供を生むための診察を受けていないという(医療的だけでなく経済的にも)リスクの大きい患者だったけれど、


妊婦搬送拒否:医療集中の東京でさえ 現場「多忙で手回らぬ」-医療:MSN毎日インタラクティブ.

 東京都荒川区の産婦人科医院に通院していた妊婦が、切迫早産と診断されながら十数カ所の病院に受け入れを断られた問題。全国で最も病院が多く、医師が集中する東京ですら、妊婦の搬送先探しに困難を極めるケースがあることが明らかになったが、氷山の一角に過ぎない可能性が高い。

産婦人科医にかかっていても受け入れてもらえないとなるとみんなが救急設備の整った総合病院にかかるしかないということになる。

こうしてますます救急病院では新患を受け入れることができなくなり、ますます救急車は受け入れ先を探してあちこち走り回ることになるのかも・・・

|

« 将来に希望のない時代? | トップページ | ゴールするとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16594236

この記事へのトラックバック一覧です: 通院していても受け入れ拒否:

« 将来に希望のない時代? | トップページ | ゴールするとき »