« 水素! | トップページ | 台形の面積や解の公式 »

2007.09.18

人間とサルの違い

誰がどう見ても生まれたばかりの赤ちゃんよりも大人のサルのほうができることが多い。(もちろん生まれたばかりのサルと比較すると大差ないだろうけれど・・・)

じゃあ、いったいどこで人とサルの違いが出てくるのかという疑問に少し答えた形になる調査がこれ。


asahi.com: 問題解決法のまね、2歳児が猿に圧勝 独・研究所が調査 - サイエンス.

 人と類人猿の知能の差はどこにあるのか――。独マックスプランク研究所などがこれまでになく大規模で多様な知能テストを実施して、幼児と類人猿を比べた。

(中略)


 その結果、三つのコップのうち二つに食べ物を入れてコップを選ばせるなどして調べた空間記憶や、数量や因果関係に関する認知能力では、幼児とチンパンジーの成績はほぼ同じだった。オランウータンも空間記憶と因果関係の認知能力では劣ったが、数量に関する認知能力では幼児と差がなかった。

 ところが、プラスチックチューブの中身を出すところを見せると、幼児は上手にまねするが、類人猿はチューブをかんで壊そうとした。問題解決法のまね、他者の意図の理解など、社会的な学習能力は幼児の方が圧倒的に高かった。

 少数を比べて「チンパンジーは幼児並みの知能」などとする研究はこれまでもあったが、これだけ大規模な比較は初めて。人の脳は能力全般が高くなったのではなく、社会的な学習能力が突出して進化し、文化的適応が可能になったとする説を支持する結果だ。

チンパンジーの知能が幼時の段階までしか成長しないということではなく、根本的に違うところがありそうだ。

社会的な生物としての人間が今の状態を作り出したということなのかな。

そこのところを何とかしないと「サルの惑星」にはなりえないということかもしれない。

サルの社会でも若いサルが何かの技術を習得したときに模倣して他のサルたちがその技術を習得することがあるけれど、その能力は幼児に比べても劣っているといっていいのかな?

逆にサルが社会的能力を獲得すれば人間を超えることもありえるということかもしれない。・・・・・

PLANET OF THE APES/猿の惑星PLANET OF THE APES/猿の惑星
マーク・ウォルバーグ ティム・ロス マイケル・クラーク・ダンカン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 水素! | トップページ | 台形の面積や解の公式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16483901

この記事へのトラックバック一覧です: 人間とサルの違い:

« 水素! | トップページ | 台形の面積や解の公式 »