« 子供の命は子供に守らせないと | トップページ | お題目は立派だけど »

2007.09.10

できるのだろうか?

こんなことが可能だと思っているのだろうか?

asahi.com:大学の卒業、厳格に 「全入時代」迎え質を確保 中教審 - 暮らし.

政府には全学部共通で身につけるべき能力の指針を示すことを、各大学には卒業認定試験をするなど責任をもって卒業生の質を確保するよう求める。「大学全入時代」を迎え問題になっている大学生の能力低下に歯止めをかけるのが狙いで、文科省は最終報告書がまとまり次第、具体的な対策に着手する方針だ。

教えるべき内容が規定されているはずの高校までの教育でも、必ずしも「教えるべき」とされた内容を生徒が理解して卒業しているわけではない。

Cosの友達の中には「ルートってなんだかわからなかった」といいながら高校を卒業したのもいる(幸いなことに今の職場の卒業生ではないが・・・)。

それどころか学校によっては高校の内容を勉強しないまま卒業させるところもある。

下手をするとそういう卒業生でさえ、どこかしらの大学には入れてしまう時代なのだから、その出口でどうやって規制しようというのだろう?

それ以前にそれぞれの研究で方向がまったく違うこともありえるのに基準をどこに作ろうというのだろう?

 具体策としては、学部教育で身につけるべき能力として(1)日本語と特定の外国語を使って「読み」「書き」「聞き」「話す」ができるコミュニケーションスキル(2)情報や知識を複眼的、論理的に分析、表現できる論理的思考力(3)自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる倫理観――を挙げ、政府には、学習成果の「参考指針」として提示させる。

・・・・特定の外国語を使って?
う~ん・・・難しそうだ・・・(大学ではなく)大学院に入って初めて語学の必要性を感じたなんていうのはCosのところでは少なくないからなぁ・・・
どうするんだろう?

|

« 子供の命は子供に守らせないと | トップページ | お題目は立派だけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16405970

この記事へのトラックバック一覧です: できるのだろうか?:

« 子供の命は子供に守らせないと | トップページ | お題目は立派だけど »