« 入試問題外注 | トップページ | 国会図書館の電子化事業 »

2007.09.07

子どもの安全のために

リスクを医者だけに背負わせるかぎり、残念ながらリスクの大きい産婦人科や小児科医になる人は減って、ますますリスクが高くなるのではないだろうか?

どこにもカルテのない・・・つまり妊娠してから一度も医者にかからずに救急で駆け込む妊婦に対するリスクは病歴、病気に対するリスクだけではなく、経済的なリスクも大きい。

それを医師だけが病院だけが背負っていればどうなるのかは目に見えている。

産科婦人科学会:救急医療体制の整備など求め陳情書-サイエンス:MSN毎日インタラクティブ.

 奈良県の妊婦が相次いで病院に受け入れを拒まれ、死産した問題を受けて日本産科婦人科学会は7日、舛添要一厚生労働相に、産科救急医療体制の整備と産婦人科医不足に緊急に対応するよう求める陳情書を提出した。

ここで陳情されたという問題点については素人であるCosにはわからないし、何かあったときの責任は病院や医師にあるのだけれど、リスクをできる限り避けられる条件設定をしないといけないことだけはわかる。

|

« 入試問題外注 | トップページ | 国会図書館の電子化事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16372269

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの安全のために:

« 入試問題外注 | トップページ | 国会図書館の電子化事業 »