« 雲の向こうで・・・ | トップページ | 名誉毀損の横行? »

2007.08.28

いずれ主流になるのかな?

 たぶん、生徒が驚くような派手な実験のほうが生徒にとってはおもしろいのだろうけれど、小さな実験のほうがどう見てもやりやすいだろうな。


マイクロスケール実験:小さな実験、広げよう 教育現場で手軽に-科学:MSN毎日インタラクティブ.

 化学の実験を、小さな装置でなるべく少ない試薬を使って実施する「マイクロスケール実験」が教育現場で広がり始めている。実験で出る廃棄物の量を大幅に減らせ、有害物質を扱う実験でも、量がわずかなため危険が少ない。日本化学会も実験手法を開発したり理科教師向け研修会を開くなど、普及に乗り出した。

そういう実験の仕方であれば、特別な実験用の教室ではなく、普通の教室の授業の中でできるかもしれない。
目を離すと何をするか分からないような生徒がいても、目を離さずに実験ができるかもしれない。

どういう実験をするのか見たことがないのでなんともいえないけれど、(Cosのところでは)ほとんど実験をしない授業が自由に実験ができる授業に変わるのなら、いいなぁ・・・

って、Cosが実験するわけじゃないけど、実験は好きなんだ\∥^O^∥/

|

« 雲の向こうで・・・ | トップページ | 名誉毀損の横行? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16270861

この記事へのトラックバック一覧です: いずれ主流になるのかな?:

« 雲の向こうで・・・ | トップページ | 名誉毀損の横行? »