« フェニックスの打ち上げ | トップページ | トプカプ宮殿の至宝展 »

2007.08.06

ゲームの時代

Cosはゲームは好きだからゲームが悪いなんて思ったことがない。

でも、ゲームでできることって学校の授業でやることなんだろうか?


asahi.com:英語や物理の授業でDS 試行で効果アリ 大阪電通大 - 暮らし.

 大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)が、年内をめどに、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を授業に本格導入する。1、2年生の必修科目のうち、英語、物理、力学などで全学生にDSを貸与する。数学の基礎などを学べる独自ソフトの開発にも乗り出す。私立大は受験生の減少などで経営環境が厳しい。「ゲーム」で独自色を出し、できれば収益源にして、受験生らにアピールする構えだ。

もちろん、学校側が推奨して、自由に使えるようにしておいて好き勝手に学生がやるのであればなんとも思わないけれど、
必修科目の授業で使うとか、数学の基礎が学べるとか?

そんなのだったら学校で勉強する必要がないのでは?
本質的なところが違っているような気がするけれど・・・

まあ、Cosたちが基礎学力をつけるために「課題」と称してやらせている問題に点数をやっているのと同じ発想なのかもしれないけれど・・・
う~む。

そういう時代なんだなぁ

|

« フェニックスの打ち上げ | トップページ | トプカプ宮殿の至宝展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16022007

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームの時代:

« フェニックスの打ち上げ | トップページ | トプカプ宮殿の至宝展 »