« Google Sky | トップページ | 蚊の脅威 »

2007.08.26

夏の夜の楽しみ

夜更かしをしなくても、月が出たときから始まっていると言う皆既月食


asahi.com: 28日に皆既月食 全国で観察6年半ぶり - サイエンス.

 月が完全に地球の影に入る「皆既食」は午後6時52分から午後8時23分まで。この間、月は真っ黒になるような気もするが、そうはならず赤黒く見える。太陽の光が、地球の大気で屈折・散乱してわずかに月を照らすためで、月食ごとに変化することが知られている。

 国立天文台によると、早い時間帯から観察する場合、東から南東が開けていて地平線近くまで見通せる場所が適している。肉眼でも十分観察できるが、双眼鏡や望遠鏡を使うと、部分食の様子がよく見えるという。

この記事を見ると「月が見えなくなる」のではなくて、ほのかに見えるらしい。
ほのかな明るさがどの程度見えるのかは分からないけれど、楽しみ。

東から南東が開けているところかぁ・・・

|

« Google Sky | トップページ | 蚊の脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16240924

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の夜の楽しみ:

« Google Sky | トップページ | 蚊の脅威 »