« 講習会 | トップページ | メルティングポイント »

2007.08.11

使い方が難しい

 ASTER画像公開システムの仕様版が公開された。


asahi.com: 地球の凹凸全部見せます ネット公開 経産省とNASA - サイエンス.

 経済産業省と米航空宇宙局(NASA)は08年12月、人工衛星から撮影した全地球の3次元地形データを無償で公開する。測量ができない地域の詳細な地形図作りや、火山や土石流など自然災害の被害予測にも使える。全地球的なデータを公開するのは世界初。10日、日本列島だけの試用版をインターネットで公開する。

 公開するのは、全地球の30メートル四方ごとの標高データ。NASAの人工衛星テラに搭載され、経産省が開発した地球観測センサー「ASTER」が赤外線で撮影した。

 地球上のどの地点のどの方向からも鳥瞰図(ちょうかんず)を作ることができる。フリーソフトを使ってデータを加工し、鳥の目や飛行機からみたような動画も作れるから、パソコン上で地球上のどこでも遊覧飛行ができる。

というわけで早速行ってみることにしたASTER:画像公開システム・・・・

最初の難関・・・・Opera使いのCosにはよくあることなのだが、Operaでは使えない。サイトを見るとIEでなければだめと書いてあるではないか・・・
やっぱりなぁ・・・_| ̄|●

仕方がないのでIEを立ち上げて入ってみた。

で、どうやって使うのかの説明は一応ある。
が、GoogleMapに慣れてしまった身にはとても使いにくい。

鳥瞰図を作ることもできるというけれど、それ以前に自分が欲しいデータを見つけるまでが一苦労かもしれない。

Cosが見たのはどれも解像度がGoogleよりもずっと低くて具体的にどこなのかよく分からなかった。

普段そういうものと接していないからかもしれないけれど、いろいろと書いてあってうまく使うといろいろな使い方が可能なのだろうと思うけれど、今のCosではなかなか難しそうだ・・・

|

« 講習会 | トップページ | メルティングポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16073565

この記事へのトラックバック一覧です: 使い方が難しい:

« 講習会 | トップページ | メルティングポイント »