« メルティングポイント | トップページ | もうすぐ200000 »

2007.08.12

裏サイトか

いろいろな形で生徒にもそして教員にも規制がかかっていくんだろうけれど、学校側が規制したところでどうにかなるものではないだろうな。

学校裏サイト:陰湿化深刻 いじめや脅迫、彼女の裸写真も-教育:MSN毎日インタラクティブ.

 中高生がインターネット上で情報交換する「学校裏サイト」で、いじめや問題画像の流出が問題化している。「裏サイト」は学校が公的に作るサイトとは別に、生徒個人が立ち上げている掲示板で、特定の生徒の写真が張り付けられ「きもい」「死ね」「消えて」の文言が並ぶこともある。頻発する人権侵害に、親や教師たちは困惑している。

もともと「裏サイト」というのだから、誰が作っているのか誰が書き込んでいるのか特定するのはプロバイダの協力なしにはできない。

が、たかが学校に言われたからといってプロバイダが協力するとは思えないし、そんなことをしても他へ流れていくだけのことでそういうサイトが(減りはするだろうけれど)根絶することは難しい。
かえって陰湿になっていく可能性もある。

こうしたことは形を規制するだけでは決してなくならないし、子どもにとどまらず根本的に社会のあり方自体が変わらない限りどうにもならない。

逆にそういう負の情報、怖さだけがアピールされて、「そういう場所である」と認識していたりするともっと厄介だ。匿名だからあることないことスリリングなことを書いたり読んだりする場所などと子どもが考えるようになってしまっては怖い。

実際には確かに負の部分もたくさんあるけれど、それ以上に正の部分、得られる部分のほうが多い。

本来は負の部分があるからといって規制するのではなく、正の部分をうまく使えるようにして行くのには正の情報がうまく使えるような場所を考えて行かなければいけない。

それはまた、教員側に過大な負担を強いることになる。
学校内のSNSを立ち上げて運営することで、子どもたちに安心して本来の掲示板(ここでは日記だけど)の使い方を教えた例がある。

一旦web上に出ると年齢や経験にかかわらず、ありとあらゆるサイトが待ち構えている。
それは学校にいてもいなくても変わらないし、逆に学校を出て大人になってから始めてそんな中にほおりこまれたらどうなるのか、火を見るより明らかだろう。

|

« メルティングポイント | トップページ | もうすぐ200000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16083820

この記事へのトラックバック一覧です: 裏サイトか:

» 先生方のblogが危ない [Nとーの考えたこと]
 学校の先生方が管理・運営しているweblogの存続が危機に瀕しているらしいです。  風の便りに聞いただけなので、詳しいことはわかりません。  某県の教育委員会が県立学校に対して何らかの指示だか通達だか注意を行ったらしいです。Nと〜がちょこちょこお邪魔しているblogでもぼんやりとしか書かれていませんが、……。  それぞれの職業には守秘義務があります。県立学校の先生ですから、地方公務員法にもしばられ、その守秘義務はより大きなものとなっています。  責任が大きいのは当然ですが、言論の自... [続きを読む]

受信: 2007.08.12 11:10

« メルティングポイント | トップページ | もうすぐ200000 »