« 蚊の脅威 | トップページ | 受験料補助・・・目的は? »

2007.08.26

理解の仕方

このところよく分かってないことを使おうとして悪戦苦闘を続けていた。
理屈としては分かっているつもりだったのだが、いざ実際に使ってみようとして実は分かってないことに気がついてしまったのだ。

「点AをOBの周りにθだけ回転した点P」を与えるコマンドがGRAPESの3Dタイプ(今のところ試作品)のものにあるのだが、使ってみるまではどういうことなのか分かっているつもりでいたのだが、実際に使ってみるといったい点Pがどこに行くのかほとんど分かってないのだ_| ̄|●
どこへ行くのか、予想を立てるのだが、それがこっちの思うようなところには行かないのだ。

Gomi2

(具体的にはGQの周りに30度回転させるとG(重心)を外接球の中心とする正四面体ABCDはどう移動するかを考えるのだが・・・
紙に書いて考えると大体分かるけれど、どういう風に動くのかのかさっぱり分からなかったのだ・・・
_| ̄|● )

(こたえは「続きを読む」から・・・)


まあ、それが分かるようになるまでには試行錯誤でいろいろとやってみてやっと「わかった」状態にはなったのだが、その分かったことを言葉に表すと最初とかわらない。

理屈が分かっていたことが感覚的にも理解できたと言うことなのかなぁ・・・

「わかった」と言うけれど、やらせてみるとぜんぜんできない生徒の理解の仕方が少し「感覚的に」分かったかも。

これが答

Gomi3
こんな風に動くことが分かるようになるまでは難しかったぁ・・・
分かってみるとたいしたことないのに・・・∥;_;∥

|

« 蚊の脅威 | トップページ | 受験料補助・・・目的は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16247319

この記事へのトラックバック一覧です: 理解の仕方:

« 蚊の脅威 | トップページ | 受験料補助・・・目的は? »