« できちゃった回転 | トップページ | 仕事が・・・ »

2007.08.18

教科の内容が減っていく

言語力を高める必要があることについては何の異存もない。子どもにとどまらず大人の言語能力・・・どこまでを大人と言うかも問題だけれど・・・はかなりひどいものがある。

生徒たちも、文章を読まない。どれだけ長くてもたかが知れている数学の文章題も内容が難しいかどうかではなく「文章」だから飛ばす。

それがいいのかどうかというと、どう考えたっていいわけがない。

今の生徒たちはある意味で文章で表現されたものよりもビジュアルに表現されたもの方がよく理解している。

ビジュアルに表現すると言うのはいいことのようにも見えるけれど、実は普遍性がない。
文章で読んだものは文章で表現できるけれど、目で見たものはどうやって表現すると言うのだ?
言い換えるとビジュアルに受け止めたものと言うのはあくまで受動的なままでとどまり、そこからの発展性が極めて限られてくるのだ。

文章で書かれていればそれをナ自分なりに書き直すことも可能だから、主体的にかかわることが可能なのだ。

だから有識者会議の考え方はとてもいいと思う。


asahi.com:全教科を通じ「言語力」育成 文科省の有識者会議 - 教育.

 「言語力」の育成に関する文部科学省の有識者会議は16日、都内で会議を開き、小中高の全教科を通じて、言語力の育成を目指すことを求める報告書を大筋で了承した。同省は現在、改定作業が進んでいる学習指導要領の柱に言語力を置いており、この報告書を元に各教科で具体的な検討が進む。

 報告書は国際的な学力調査等で日本の子どもの読解力の低下が指摘されているほか、いじめなどの人間関係をめぐる問題もあり、言語力の必要性が高まっていると指摘。次期の学習指導要領では「言葉」を重視すべきだとして、国語や外国語に限らず、全教科で横断的に指導することを求めている。

でもその分の時間はどこからも生まれてこないんだよね。
今ある時間を削って回すしかないんだよね。

そうやって、「やるべきこと」を増やしていくと今に日本の義務教育はほんとうに「読み、書き、そろばん(計算)」だけになりそうな気がしないだろうか?

|

« できちゃった回転 | トップページ | 仕事が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16156082

この記事へのトラックバック一覧です: 教科の内容が減っていく:

« できちゃった回転 | トップページ | 仕事が・・・ »