« ルドンの黒 | トップページ | 常設展の楽しみ »

2007.08.23

情報と数学

情報五輪でメダルを獲得したうちの2人が数学オリンピックでもメダルを獲得していた。

情報五輪、日本の高校生が金・銀・銅 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 文部科学省に22日入った連絡によると、クロアチアの首都ザグレブで開かれていた「第19回国際情報オリンピック」で、日本代表の片岡俊基さん(三重・高田高3年)が金メダルに輝いた。


 同オリンピックは、世界の高校生らがコンピューターのプログラム作成技術を競う国際大会。片岡さんのほか、吉田雄紀さん(兵庫・灘高3年)が銀メダル、松元叡一さん(東京・筑波大付属駒場高2年)が銅メダルを、それぞれ獲得した。

このうち、片岡さんと吉田さんは数学五輪でもメダルを獲得している。
「プログラム」の根底に流れるものの考え方は数学だからある意味で当たり前なのかもしれないけれど・・・・

それでいいのだろうかという疑問がわいてきたのだが・・・・

|

« ルドンの黒 | トップページ | 常設展の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16208983

この記事へのトラックバック一覧です: 情報と数学:

« ルドンの黒 | トップページ | 常設展の楽しみ »