« 不思議なダークマター | トップページ | おかえりなさい »

2007.08.21

NTTのICC

NTTのICCなんて書くとなんだかふざけているようにも見えるし、何のことだかさっぱり分からない気もするけれど、
NTTのインターコミュニケーションセンター

どっちかって言うとコンピュータを使ってさまざまな形でコンピュータや人間とのかかわりを楽しむみたいな展示が多い。

ある意味でヴァーチャルとリアルが混在しているから、本当はその区別のつかない年齢の子どもにはふさわしくない気がするけれど、逆に一番楽しんでいるのがそういう子どもたちだったりした。

Cosが行ったのは土曜日だったからかかなりの人がいて、一つ一つの展示を楽しむ余裕が余りなかったのが残念だけど、
「これはこういう処理をしているんだろうなぁ」なんて思いながら見ているととても楽しかった。

ちょうど今「立体視」に関心があるせいかもしれないけれどファースト・パーソン・スペースがとても印象的だった。

頭にゴーグルのようなもの(ディスプレイと説明しているがともかく覗き込む感じのもの)をつけてあっちを見たりこっちを見たりすると3Dの映像がその向きに合わせて変化するのだ。
見ているディスプレイだけではなくその部屋全体にその同じ景色が広がっている。

覗き込んだ先は異空間・・・そこでひとつ間違うと奈落のそこに落ちていくσ∥>_<∥・・・自分の足元がなくなるような気がして・・・

異空間自体もどこか不条理な感じがする場所で、どう動いていいのか分からない。
見た方向に進むというわけでもなさそうで、どう操作すればいいのか、でも見た方向には視界が広がる。

ICC Online | オープン・スペース | アート&テクノロジー.

また,この作品で描かれるストーリーは,非人間的な秩序が支配する無生物世界のファンタジーです.再帰関数によって生成する自己相似構造をもつ無機生命体(ナノマシン)が成長・暴走し,世界を美しく作り変えてゆく様子が描かれています. さらに今回の展示のため,映像ストーリーの根幹をなす自己相似構造という題材を共有する音楽が新たに作曲されました.

と言うことらしいのだかわけの分からない状態にはまってしまったCosは音楽にも気がつかず・・・∥^O^∥

9月2日までの展示と言うことでもう一度行って覗いてきたい気がするのだが・・・いけるかなぁ

|

« 不思議なダークマター | トップページ | おかえりなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/16192953

この記事へのトラックバック一覧です: NTTのICC:

« 不思議なダークマター | トップページ | おかえりなさい »